国際恋愛!年下オーストラリア人彼氏とのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!現在日本で一緒に暮らしてます。

彼の来日日決定とワーホリビザ申請

彼、前期の試験の日程が出たそうで、遅くとも6月27日の飛行機で日本に来るそうです

あとは試験を早めに受けれないか、先生に交渉に行くそう。

私が、それはさすがに無理でしょというと

 

 It won't hurt to try~

(別に損するわけもないしやるだけやってみようぜ~的な)

 

確かに。早めに来れることを期待(^.^)

 

 

 

そしてそして、彼、ついに日本へのワーキングホリデービザの申請を開始しました。

(私が、もしビザの申請間に合わなくて日本に来るのが遅れたら、まじで許さないからねとガチめに脅したおかげ?)

彼が日本に来るのが現実的になってきたー!

 

と思っていた矢先、提出しなくてはいけない書類の多さに衝撃!

パスポートから始まり、日本への航空券、銀行の預金証明書(いくら持っているか、最低30万円らしいです)、日本での滞在計画表、日本に行く動機のレポート(英単語500字ほど)、などなど。。。

 

特に最後の二つにはびっくり!私がオーストラリアに行くときは全くそういうものは必要なく、航空券とパスポートとって感じだったような。。

 

 

そういうところ、良くも悪くも日本というかなんというか。

どんな動機ならビザがおりるんでしょうかね。てかちゃんと読んでんのかね。

 

 

彼も、

さすが日本、クレイジーだね(-.-)

と若干ディスりながらちゃんとしっかり書いてました。

 f:id:RAcosy:20170420140138j:image

日本語の勉強をしたいこと、リアルな文化を知りたいこと、たくさんの友人を作りたいこと、それっぽくかっこよく書いてました。

というかそれを読みながら、正式な書類の時はこういう表現をするのね、と勉強になりつつ、私はどれだけ勉強したらこんな文章を書けるようになるのだろうとふと思いました。独特の言い回しとか、単語のチョイスとか、今の私にはまだできないなあって。まだまだ勉強です( ..)φ

 

 

そしてびっくりすることが一つ。

日本に来るワーホリの人には3か月ごとに都市を移動するように、日本ワーホリ協会?が強く求めているそうです。計画表にも3か月ごとに移動しましょうと書いてあるそうです。

まあ確かに、1つの都市にずっというよりいろいろ回ったほうが得るものはあるかもしれないけど、家を探すのも一苦労だし(外国人だからと言って入居を断ってはいけないという法律もできましたが、実際は煙たがれたり、紹介できる物件はあまりないと言われたりすることも多いそうです。)

日本語も完璧でなくて、仕事を探すのが大変なワーホリの人に、3か月で都市を変えろっていうのはあまりにも酷ですよね('_')

 

海外にいると日本は最先端のテクノロジーでアニメやロボットなどのエンターテイメント性もあって、いい意味でも悪い意味でもクレイジーな国っていうイメージがありますが、そういうイメージで日本で暮らそうとするとギャップが生まれたりするのかなあと思いました。今でも紙と手書きが大好きなとことかね(-.-)笑

 

まあできるだけ彼のサポートしてあげたらなって思ってます。

 

 

 

実はあと3週間ほどで私の誕生日なんです

彼は私の誕生日をお祝いできないからって、プレゼントを送ってくれるそうです

 f:id:RAcosy:20170420140202j:image

じゃーん。

ゲームと漫画を置いて、分かりやすくしてくれたそうです、まあまあでかい。

まさかの4.5キロあります(^^;)

 

誕生日に会えないのはちょっとさみしいけど、プレゼント楽しみだなー