国際恋愛!年下オーストラリア人彼氏とのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!現在日本で一緒に暮らしてます。

オーストラリアでの10か月間を振り返る

この記事を公開するするのをすっかり忘れてて、ただいまベトナムです( ´∀`)

 

 

 

 

さて、とうとうオーストラリアを出る日となりました。

振り返るなんてできないぐらい濃ゆい10か月でしたが、できる限りで言葉に起こしておこうと思います。ちょっと時間がないので短縮しつつ(´ー`)

 

 

 

 

どうしてオーストラリアに来たのか

これを書くと本当に長くなるので短めに書くと、昔からずっと海外で生活してみたいと思っていて、大学卒業後にこっちに来る予定が、両親が休学して今行っておいでと背中を押してくれたので(本当に感謝してる)、大学3年生を終了後、こっちにワーキングホリデーで渡航。ワーキングホリデーにしたのは、英語の勉強はもちろんだけど、海外で自分でお金を稼いで生活したかったし、よりオーストラリアの地元の生活に入り込みたかったのもあって、学生ではなくワーホリとして生活することを選択。

まあもちろんお金がなかったことも一因。

暑いのが嫌い、夏より冬が好き、な私としては最初はオーストラリアではなくカナダに行こうと思っていたが、なんかビザの取得が難しい感じがしたので、オーストラリアに(てきとー)

都市も、最初はメルボルンにしようと思ってたけど、行きたい学校がシドニーしかなかったのでまあいいか、シドニーでって感じで決定(てきとー)

このてきとーな積み重ねで彼や友達に会えたと思うと、奇跡だって思ったりする。

 

 

 

 

この10か月の生活

これはざっくり行こう。

4月

・ホームステイ

完全なるビジネスとしてホームステイの受け入れをやっている家に2か月滞在。イタリア系オージーのおばちゃんの一人暮らしの家。夕飯を一緒に食べるなんて週に1回ほどだったし、シャワーを浴びるタイミングでケンカしたり(毎回言うことが違う)、なかなかパンチ効いた人だったけど、ご飯美味しかったし、基本優しかったし、良かったと思う。でも、この家に一緒にホームステイしてたメキシコガールズとは本当に仲良くなって、お互いあの家を出てからも頻繁に会うぐらい仲良し。彼女たちに会えたのが本当に大きかった。彼女たちが、語学学校でフランス人とけんかして帰ってきて号泣する私を慰めてくれたのもいい思い出(今ではめっちゃ仲良しなのでご心配なく?)

 

・語学学校

学校は、毎日が楽しくて自分が少しずつ話せるようになってきたのも実感できて、楽しい!!って時期。なにより私が行った語学学校がめちゃくちゃよかった。先生の質が高くて、放課後は一緒にクラブに行って踊ったりするぐらいフレンドリーだし。いい友達と先生で毎日楽しかった。平日は勉強して、金曜日はみんなで飲みに行って、週末はビーチ行ったりBBQしたり。

 

・彼と出会う

彼との出会いはこの記事に書いてるのでご参考までに。

cutiepie.hatenablog.com

 

 

 

5月

・語学学校

試験に合格して一つ上のクラスに進級。大好きな先生じゃなくて最初は落ち込んだけど、新しい先生もとっても優しくて大好きに。生活スタイルは特に4月と変わらず。

 

・家探し

6月から住むシェアハウスの家探し。これが想像以上に過酷だった…。ネットに載ってる写真と実際の家の状況が違いすぎて、インスペクション(下見)は欠かせない。なんとか見つけた、女の子3人男の子3人のシェアハウス(学校まで徒歩15分、1週間のレント$150) もうここに決めて、ゆったりしていた引っ越し3日前。オーナーから

やっぱり男の子だけの家にするからごめんね?(;´・ω・)

と電話が。いや3日後家ないんですけど!!!若干泣きつつ、必死で家探し再開。インスペクションを一日20ぐらい行った日。

 f:id:RAcosy:20170126143939p:image

歩きすぎてやばい。25キロ歩いてる(笑)

必死で探してなんとか男の子3人、女の子2人、週$160のお家を引っ越し前日にゲット。 おうち紹介はこの記事から

cutiepie.hatenablog.com

 

・彼と初めてキスする(付き合っていたのかは微妙)

4月の最初に出会って、週1,2回の頻度で会って、一緒に宿題したりご飯食べに行ったりして。ある日突然キスされたけど、付き合ってるのかは微妙にはぐらかされていた時期。オーストラリアでは、何回かデートを重ねて、その中でキスしたり時にはそれ以上のこともあったりして、そういう期間を踏まえてから、恋人関係になったりならなかったりを決めるらしい。もちろんそんなの知らないから、こっちとしては遊ばれてんのかともやもやしたりもしてた。ちなみに、最近お互いFacebookの交際ステータスを更新して、恋人設定にしたんだけど、そのときに、

ねえ記念日いつかな?

あのキスした日でしょ(何聞いてんの顔)

 

…あの日はぐらかしたくせにいいいいいい!!!!と思いましたとさ。

 

 

 

6月、7月

・語学学校

4ヵ月の語学学校も終了。卒業する日は泣いたぐらい学校と友達と先生に恵まれた。4か月学校に通って思ったのは、ただ学校に通うだけじゃ英語は伸びないってこと。自分で学ぶ努力も大事だし、英語を使う機会を意識して増やすことも大事。

 

・新しい家

新しい家のオージーがパーティー大好きで毎週末だれか家に来てパーティーしてました。でも友達もみんないい人で、しかもなぜか南米の愉快な人ばっかりだった。ちなみにこのオージー経由で知り合って仲良くなったブラジル人とメキシコ人から告白された私。南米に根強い人気を誇る私。

 

・彼の家族に会う

この時期から頻繁に彼の実家にお邪魔してたなあ。このころはもう少し大人しく、おしとやかにちょっと猫かぶってた時期。彼が完璧に見えすぎて落ち込む日々でもあったり(最近はちょっとぬけてる部分も見えてきてうれしい)

 

 

 

8月

・バイトを始める

新店舗のオープニングスタッフとして雇ってもらったから、なかなかお店が開かなかったりしたけど、自分たちで試行錯誤していく楽しさもあったし、やっぱり働くって楽しい。私は主にレジをするポジションだったので、お客さんと沢山話して、英語力に落ち込んだり、逆に談笑して楽しかったり、沢山思い出あるなあ。

 

・彼と初旅行

実際には7月末だけど、彼との初旅行。結局曇りで目的の天体観測はできなかったけど、出発前にしおり作ってみたり、お風呂の電気でギャーギャー騒いだり、ああ。。。初々しい(遠い目)

そんな初旅行記はこちらから

cutiepie.hatenablog.com

cutiepie.hatenablog.com

cutiepie.hatenablog.com

 

 

 

9月、10月

・彼の実家に引っ越し

いや我ながらふてぶてしいわ。そして受け入れてくれた彼の家族に本当に感謝。一緒に住んで、こっちの大学の大変さを知ったり、みんなどんな生活のルーティーンか知ったり。本当リアルなオーストラリアのことが沢山知れた。何より、彼の家族が、私のことを家族の一員として招き入れてくれて、親族のパーティーだったり、ご飯会だったりにも参加できて。本当幸せな生活送ったなあ自分。

 

・バイト

もうがっつり、週5の38時間勤務の毎日。11月からまた学校に通おうとしていたので、節約してバイトしてお金ためる毎日。私のバイト先は、オーストラリアの最低賃金を守ってるところだったので、平日は$18、土曜は$22、日曜は$26となかなかいい時給をもらえました(もちろん税金32.5%引かれたけども)

 

・2人の将来について

このころから少しづつ真剣に将来について話すようになったかな。今と比べると少しぼんやりしてたけども。

 

 

 

11月、12月

・学校に通い始める

英語を母国語としない12歳までの子どもに英語を教える資格を取る勉強をするためにまた学校に通い始めました。いやめちゃくちゃ大変だった。私は学校まで家からバスで一時間(朝は渋滞で1時間半以上かかる)、家に6,7時間しかいないような一か月間でした。土日はバイトもあって全然気が抜けず、イライラすることも多かったけど、彼は沢山支えてくれて、無事に一番いい成績で資格を取ることができました。40分の英語の授業なので(もちろん全部英語)、私の模擬授業に付き合ってくれたり、音声教材を作ってくれたり(本当ネイティブの彼氏って素敵)

このときに、こんないい人いない!って心の底から思った(;_:) 自分も試験前で大変だったのに、それでも私のこと気遣ってくれたりして。すごい、こんないい彼みたことない(ごめんなさい、のろけです)

 

・彼誕生日!

ついに、彼、20歳の誕生日。こっちでは18歳が成人だから、別にどうってことなかったんだけど、私的に10代の子と付き合ってるっていうなんとなくの背徳感があったから、やっと20歳になってめちゃくちゃうれしい私。ちなみにブログで年齢はっきり書くのは初めてかも。

誕生日記事はこちら~

cutiepie.hatenablog.com

 

・クリスマス、ニューイヤー

彼のおかげで、ザ!ローカルな年末と年越しを過ごしました。カルチャーショックの連続。

cutiepie.hatenablog.com

 

 

 

1月

・メルボルン旅行

彼とメルボルンに3泊4日の旅行へ。彼は将来メルボルンに住みたいらしい。おしゃれでかわいくて、いい感じの規模で、人もあんまり多くなくて、いい街だなあって思いました( *´艸`)

 

・ホリデー満喫の日々

オーストラリア生活もあと一か月。バイトも沢山お休みもらって行きたかった場所に行ったり、したかったことしたり。友達にもたくさんあって遊んで。楽しいけどちょっと悲しい毎日。。

 

・将来についてがっつり話し合う日々

2人で沢山話し合って、調べて、決めたことがあります。今年はそれに向かって、全力で頑張るぞ!多分、思ってるより問題は山積みだし、現実は厳しいけど、でも2人で協力してそこに向かって進みたいと思います。とりあえず私の帰国してからの、最後の1年が大きく予定変更。変更だけど、ずっとしたかったこと。でもどっかで諦めてたり、言い訳してたり、周りの目を気にしてたこと。自分の人生、私たちの人生。心配してくれてる人生の先輩たちには感謝しながら、でも芯は曲げずに、人に流されず、できることやっていきます。

 

 

 

 

 

これからの私たちについて

ついに、ついに、このオーストラリアでの生活が終わります。今からベトナムと韓国と彼と彼兄とその彼女で旅行するので、まだお別れではないけど、やっぱり考えたら涙が出ます( ;  ; )

 

昨日は、初めてキスした場所に最後のデートに行きました。あの時とはやっぱり気持ちが少し違ってて、2人で泣いて別れを惜しんだけど、でもお互いきっと大丈夫、って思えるほどの自信と相手への信頼が確かにあって。

きっと乗り越えられる!

 

昨日の彼の言葉は本当に感動した、、帰ったら記事にしたいな〜

 

 

 

とりあえずこのブログは第1章が終了ですが、日本に帰ってからも続けるのでよかったらこれからも読んで頂けたら嬉しいです! 

またここに戻って来れるように、できることを日本で頑張ります!