読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際遠距離恋愛!年下オージーとのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!2017年6月末には彼が日本でワーホリ予定。

彼と私の両親が初対面!!

彼と私の両親がついに、先日初めましてをしました。

 

一緒にディナーに行く前日。オージービーフが食べたいという両親がネットで調べたお店を予約してくれた彼。

その後しばらく黙りこくり。。。

 

 

ああああああああああああああ

 

 

突然の発狂( ゚Д゚)

 

ど、どうしたの!?

いろんなことで頭がいっぱい( ;∀;)

もうお店予約したし、大丈夫だよ

…でも、このお店じゃないほうがいいかも

なんで?

このお店は観光客に人気なだけで、地元の人は誰も行かないんだ

どうせなら地元の人が行く本当のお店のほうがいいかなと思って

あー確かに(´・_・`)

だから考え直すと頭いっぱいになるよ〜

夜景がきれいなとこがいいのか、オーストラリアのお酒が飲める場所がいいのか、日本のお肉はオーストラリアのより脂が多いから、あんまり赤身だけのお肉は好きじゃないかもとか、あとホテルから近いとこがいいとか 

 

 

 

本当いい子やねえ(:_;)

感激。私の両親のために真剣に考えてくれる彼がやっぱり大好きだし、人としてとても素敵だなと思いました。

結局、2人で話し合ってホテルから近くのオージー御用達のステーキ屋さんに行くことになりました。

 

 

で、当日。私はバイトが六時半まであったので、両親とは七時にホテルのロビーで待ち合わせ。彼は大学終わりに私のバイト先まで迎えに来てくれました。

あきらか緊張してる彼。かわいいなあと思い、私が励ましてあげなくちゃ!と思った矢先の事件勃発。

 

 

 

私のOpal cardがない…!

バスや電車に乗るときのICカードで、これがないと本当に不便。しかも、つい前日に新たに40ドルチャージされてたので、尚更ショック。

完全に落ち込む私。

ネットでカードの利用を止めることができて、お金も新しいカードに移動できるから問題ないよ!と励ましてくれる彼。

彼が今緊張してんのに、また迷惑かけてる自分、ってさらに落ち込む私(うざい)

 

 

まあ結局切り替えて両親に会うことができました。

こんばんは〜って日本語で挨拶する彼に、英語で自己紹介する両親はちぐはぐでおもしろかった( ^ω^ )

※ちなみに両親は英語は全く話せません

 

 

で、挨拶もそこそこに向かったステーキ屋さんはこちら!

 

Chop house

 https://www.thekeystonegroup.com.au/venue/chophouse-sydney/

 

さすが、地元のオージーが行くお店。アジア人はお店に1人もいなかった(°_°)

ダンディーなおじさま方がお食事されてる、オサレなお店。こういうところって、やっぱり地元の人とじゃないと行けないよねって思って、このお店で正解だったなあって思いました。

 

で、頼んだのがこちら。

f:id:RAcosy:20161106180554j:image

こーんなでかい肉とサイドメニューを3つ。地元のビールで乾杯しました。

f:id:RAcosy:20161106180709j:image

肉。まじうま。

 

 

で、両親が彼に

趣味はなんですか?と聞いた時、

ゲームですよ〜って思ってたら、まさかの

 

 

 

料理です(^ω^)

 

 

 

 

…はい???

 

毎週のようにゲーム買ってるやん、寝る時間惜しんでゲームしてるやん、来週ミニファミコン届くやん。 

 

 

彼のまさかの趣味は料理発言に、涙が出るほど笑いました。

まあ確かに料理も良くしてるけど、でも、でも、ゲームでしょヽ(;▽;)ノ

あとで彼に聞いたところ、

 

料理も好きだし、何よりもし君が僕の立場だったら料理って言ってからゲームって言うでしょ(´・_・`)

 

って、彼なりに考えていたそうです。ゲームが趣味って全然いいと思うけど、まあ相手の両親に言うなら料理って先に言った方が無難なのかな。

本当いちいちかわいい彼です( ^ω^ )

 

 

そのあとは私たちのよく行くウイスキーのバーに行きました。

 f:id:RAcosy:20161106183224j:image

オサレ。これも路地裏の階段降りた地下にあるので、知る人ぞ知るお店。

 

 

 

 

両親も彼のことをとっても気に入ってくれて

本当にいいこやねって、次の日何回も言ってました

嬉しい、よかった。まあ本当にいい子なんだけどさ。

 

 

ドキドキの顔合わせは大成功でした〜