読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際遠距離恋愛!年下オージーとのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!2017年6月末には彼が日本でワーホリ予定。

彼の実家に引っ越し

ついにこの日がやってきました。

彼の実家に引っ越し!(冷静に考えればなかなかすごいことだよね)

 

この家ともお別れかと思うと、とってもさみしかったです。クレイジーな彼らとの共同生活は本当に楽しかったです。

許可が出たので、最後に彼らとの写真を載せておこう。

 f:id:RAcosy:20160828152907j:plain

我が家でSNOW大流行

 


で、バイトから帰って2時間荷造りして、朝7時に起きて荷造りして。日本だと、

うーん、これは今度着るかもしれないからとっておこう!

って思うようなものも容赦なく捨てました(お気に入りでオーストラリアまで持ってきた靴だったのに、まさか異国で捨てられるとは思ってもなかったであろう)

そんなこんなで終了し、また彼はフライング気味に9時半に迎えに来てくれて、バス停まで移動することに。

ちなみに荷物は、大きめのスーツケース1つ(25キロは確実にある)、バックパックのような大きいリュック、手さげかばん2つ、コート2着という感じ。で、彼には、スーツケースと手提げ2こと、コート1着を託しました(ほとんど全部)

 

私の家からそのバス停までは歩いて15分ほどなのですが、彼が

ねえ、タクシーで行こうよ

と。

え~もったいないよ!運べるよ!

(誰が運ぶと思ってるんだ)

私はそんな贅沢ダメ!と彼の申し込みを却下し、歩いて運ぶことに。いや私本当最悪。彼が大荷物運ぶのに、歩け!だなんて。反省。

f:id:RAcosy:20160828153037j:plain 

荷物を運んでくれる彼

 

 

バス停までかかった時間、40分

階段を避けて遠回り+大荷物で普段の倍以上の時間がかかりました。彼には感謝してもしきれないね。なのに歩けだなんてごめんね( ;∀;)

 

無事にバスに乗って彼の家に着きました。これから大変、お世話になります。こんな得体のしれない日本人の女子を温かく招き入れてくれて、しかもこれからおうちに住ませてもらうだなんて。彼の両親には本当に感謝です。沢山お手伝いしよう。

 

 

その感謝の気持ちを胸にさっそく3時間お昼寝(私ってなかなか図太いやつだよね)

で、起きて今彼の実家でこれを更新しています、スリルあるね。彼には課題する~と言ってます。そろそろこのブログも秘密にし続けるのが難しくなってきた…。てかタイトル変えようかな。

 

これからも彼の目を盗みつつ更新していくと思うので、よろしくお願いします(';')