国際恋愛!年下オーストラリア人彼氏とのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!現在日本で一緒に暮らしてます。

彼との今後を真剣に考えてみた

2泊3日の初旅行、そのあと彼の家に2泊。長い時間一緒に過ごす中で、最終日に少し真面目な話をしました。

お部屋でごろごろしていたとき、彼が突然

”ねえ、こっちに○○(私)が戻ってきたら2人でビジネスでも始める?”

・・・はい?('_')

まーたこいつは楽天的になんか言い出したぞ、と思いました。いつもは軽く流すんですけど、さすがに簡単にものをいう彼に腹が立って突っ込んでみました。

”あのね、いつも簡単に戻っておいでっていうけど、そんな単純なものじゃないの。私が大学卒業してからも、あなたは2年学校に通うでしょ?少なくともその2年はこっちには来れない訳だし。私は海外で働きたいなって思ってるからこっちに戻ってくることは全然いいけど、私はもうこの国のワーホリビザは使ったからここで働けないし。そういう事情、分かってんの?”(若干キレ気味)

”大学卒業したら戻ってくればいいじゃん”

”・・・いやだから、ビザがないじゃん”

”ビザサポートしてくれる会社ぐらいすぐ見つけてあげられるよ”

”(どっから来るの、その自信)”

”あのね、私の将来が変わるってことの意味理解してる?”

”分かってるよ”(にこにこ)

 

分かってんのか分かってないのか・・・。こっちに来てダメだったら日本に帰るなんて軽い感じで海外にはいけないなと思うのです。彼も年下だしじゃあ結婚するか!ってなるわけにもいかず、それに結婚がはっきり見えるほど長い期間一緒にいるわけでもないし。(まあでもぶっちゃけ私は彼と結婚したい…(笑)

戻っておいでって言ってくれるのは素直に嬉しいです。冗談ながらも結婚したら一緒に住めるねって言ったり彼なりに私たちの将来を考えてくれてることは分かります。でも、やっぱり考え方の差があるように思います。社会の仕組みの違いがこの微妙なもやもやを生み出してるのかなって。ここでは日本と違って、自分と合わなかったらすぐ会社辞めて次の仕事ゲットできたり、新卒に全然重点を置いてないので、就職活動もあってないようなもんだし(コネ入社がかなり多い)だから彼も気軽に戻っておいでとか、会社立ち上げる?とか言ったりするんだと思われる…。(ただ単に彼が楽天的ということもある)

でも日本はそうじゃない。新卒採用が大多数だし、会社を辞めてすぐ次のいい仕事が手に入る確率はここよりぐんと低い。だから確信というか絶対的なものが欲しいなと思ってしまうわけです。まあ私が海外で働くなら関係ないんだけども。

 

うーん。将来って難しいのか、単純なのか分からなくなってきた。多分、自分の気持ちに素直になったら単純で、お金のこと、10年後のこと、結婚のこと、いろいろ考えだすと難しくなるんだろうな。(あたりまえだよ)

 

あまり深く考えてもよく分からないので、私たちらしくのんびりやっていこうと思います(´▽`)