読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際遠距離恋愛!年下オージーとのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!2017年6月末には彼が日本でワーホリ予定。

盛り沢山な1日の最後は彼の家に突然お泊まり

昨日は1日彼と一緒にいたので、更新できませんでした。更新がないときは、彼と仲良くやってるんだと察してください(゚∀゚)そろそろこのブログのこと、彼に言ったほうがいいのかしら…。でも、多分理解できるだろうから恥ずかしいし、彼が知らない方がよりリアルな気持ちを書けるかなとも思う…。ま、いっかとりあえず。

 

そんな訳で、昨日は朝から彼が車で迎えに来てくれました。恐怖、と思ったんですけど、意外と上手で安心(´∀`)彼の家についてからは、お母さんに頼まれて洗濯物を3回干しました(笑) 日本と違って気軽に頼まれたりすることが嬉しい!なんだか家族の一員になった気分。

で、おやつにセロリにピーナツバターを付けて食べました。もう一度言いますね。セロリピーナツバターを付けて食べました。有名な映画のワンシーンで出てくる食べ方らしいです。

f:id:RAcosy:20160713212314j:plain

意外といける。

 

で、もちろんそのあとは(ポケモンGOをしに)散歩に(=_=)*このブームはいつまで続くんだろう…

ジムを制覇するんだ!と意気込む彼。このゲームのマップは現実世界と連動しているので、実際にその場にいかないと遊べないんですよね。で、いろんなところにジムがあって、そのジムにいる人を全て倒したらジムを攻略、自分のジムに変えることができるようです。(もうよく分からない…)これが男子の征服欲を掻き立てるんですかね。

で、事件は一つ目のジムを攻略した時に起きました。攻略したし、さあ次に行こうかとした時、すーっと男の子が来たんですね。この場所に来たということは、120%彼もジムに挑戦に来たということ。(こんな寒空の下、鬱蒼と茂った森に来るやつなんてだいたいランニングのおじちゃんかポケモンゲーマーどっちかですよ)で、案の定もう一度ポケモンGOを開くと、

あっけなくジムが奪還されている…!!!

返せ、私が寒さに耐えた20分を…で、やっぱりこうなります。彼、その男の子に挑む→勝つ→ジムを取り返す→男の子が挑む→男の子が勝つ→彼、また挑戦する。の無限ループ(´Д`) それを横で寒さに耐えながら見る私…。彼がもういいや次に行こうというので、お、年下に譲った、えらいと思ったら、

”また夜に来るからいい”

と(笑) ゲームに関しては大人げない彼です。ということで、次に移動。

 

次のジムがある公園について、ゲームをしているとき彼が怯えたように言いました。

”やつがいる…!”

いやいや、そんなかっこよく言わなくていいでしょ(笑) その男の子も一緒に来ていたみたいで、また戦っていました。もう結果は知りませんが。飽きた。でも、ゲームが終わったあとは一緒にすべり台したり、ブランコしたり、普通に遊びました(´∀`)

f:id:RAcosy:20160713212644j:plain

こんなかわいい公園

f:id:RAcosy:20160713212731j:plain

暇な私はひとりですべり台。左に見える影は必死で戦う彼

 

で、そのあとは彼の高校の頃の先生とディナーに行きました。先生が彼は性格もいいし、勉強熱心で頭もいいし、ユーモアもあって、機械にも強くて最高の人だよ!と太鼓判を押してくれました。なにやら高校の頃株をやっていたらしい。新情報がとてつもなくすごい(´ε`;)

”まあ、彼がゲームすることを気にしないならね(´▽`)”って最後に先生。確かに。私は男兄弟で育ったので、ゲームはわりかし興味があるけど、彼がいなかったらきっとしてないだろうし。でも一つ言えることは趣味が共通である必要はないってこと。趣味が合えばそれはそれで楽しいし、でも趣味が違うからこそ自分一人では踏み入ることのなかっただろう世界に入り込めたり、新しい楽しさに気づけたり。だから、趣味が違うことっておもしろいなって思います。なので、彼のゲームもまあまあ賛成。彼は絶対一緒に楽しもうとしてくれるので、今のところ何の問題もないかな(´∀`)

 

そんな訳で、とっても楽しい時間を過ごし、あっという間に4時間経過。先生とお別れしたあと、私の乗るバス停でゆっくりしていたとき。ふと口から

”あー帰りたくないなあ”

と素直に言葉が出てきました。とっても楽しくて彼ってやっぱり素敵だなって思って、急に別れが惜しくなりました。すると、

”じゃあうち泊まれば?”

と。そんな簡単に言わないの、急に迷惑でしょと言うと、じゃあお母さんに聞くよとさっそく電話し出す彼。即答でもちろんいいわよと言ってくれるお母さん。隣で喜ぶ彼。

お泊まり決定(゚∀゚)

こんな簡単に決まっていいの?って感じでしたけど、お言葉に甘えてひと晩お世話になりました。帰ってからゲームしたり(まだする笑)、お話したり、一緒に歯を磨いたり。何気ないことを一緒にできることが素直に嬉しかった。お話してたら、気づいたらお互い爆睡。朝は生で”Goodmorning beautiful"を聞けて大満足。

起きたら彼の髪の毛やばいことに。

f:id:RAcosy:20160713212906j:plain

こういうたまにちょっと子どもっぽいところがツボ

 

で、朝ごはんがやばかった。oat(オーツ)ってあるじゃないですか。よくグラノーラとかに入ってるやつ。あれって、牛乳入れてレンジでチンするんですね。オーツだけで食べたことなかったので、かなりびっくり。それにはちみついれて、

”はい、できたよ”

とにこにこして作ってくれました。彼、ほんといつもにこにこだな。

f:id:RAcosy:20160713212937j:plain

見た目は完全に白いゲ〇(ごめんなさい)

でも美味しかった!

 

ってなかんじで、やつがいる事件、先生とディナー、初のお泊まり、と盛り沢山な1日でしたヽ(´▽`)/ 

 


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村