読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際遠距離恋愛!年下オージーとのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!2017年6月末には彼が日本でワーホリ予定。

オーストラリアのアダルトショップはいろいろやばかった

すっかりご無沙汰のオーストラリアのそういう話シリーズ┌(┌^o^)┐

第2弾は彼とアダルトショップに行った話をしたいと思います。

*がっつりのレベル超えてきてます。苦手な方はご遠慮下さい。

 

まず、なんでアダルトショップに行ったかというと、ある日彼とお酒を飲みに行って酔っ払った私がある質問をしました。

私:ねー、ひとりでする時って何見てるの?本?

(かなりぶっこんでる。お酒ってすごい)

彼:うーん。本より動画かなあ。本は買ったことない。

私:うそでしょ!?えっちな本は男子全員が持ってるんだよ!

(どこの情報だよ)

彼:だって今はネットで見れるし、買う必要ないしね~

(恥ずかしがりながらも普通に答えてくれる彼)

私:じゃあえっちな本買わないんだ…そうなんだ…

(残念。彼がどんなの見るのか興味があった)

彼:じゃあ今からアダルトショップに行こうよ(´▽`)

私:行く!!!!!!!!

 

即決。酔っぱらいふたりはわざわざ電車で30分かけて街の方のアダルトショップに向かいました(バカだ)行く途中に、日本のアダルトショップの話になり、”キャバ嬢の脱ぎたてパンツ”がカプセルに入って500円ってガチャガチャがあるんだよ~って教えてあげました。すると冷静に、それ本物?(´・_・`)って言われました。違うんだよ、みんな本物じゃないって分かってるけど買うのよ…そういうもんでしょ…

なんて話してたらあっという間に到着。お店はどうやら2階のようで、細い階段がありました。それを登ると、

ピーンポーン♫

なんともかわいらしいチャイムで私たちの入店をお知らせ。強面のお兄さんにあいさつを交わし、お店を見回すと…

まあそれはそれはいかがわしいものが、これでもかっとありました。ということで、

日本のアダルトショップとの違い、ベスト3~!!!

第3位:性行為をより円滑に楽しく?するための道具の種類が豊富

(え、なんかもうかなりがっつり書いてるけど大丈夫かな)行為が行われている時に受身の人の腰らへんに置くクッションみたいなものや、手錠や注射器のようなもの、アダルトなコスプレ衣装が、かなり種類豊富にありました。しかもカタログも置いてあって、そこから取り寄せもできるようです。またびっくりするのは、それらがさながら高級ジュエリーかのようにガラス製の棚に陳列されていました。なんで。

 

第2位:女性向けのおもちゃの種類が豊富

日本でもいくつかありますよね。でもその倍以上の見たことないような、いやむしろもう使い方分かりませんみたいなやつが沢山ありました。しかもサイズはやっぱり海外仕様。

 

第1位:パッケージがリアルてか本物

日本ではアダルトなものの外装はアニメみたいな絵だったりすることが多いじゃないですか。ここではそんなのほとんどなかったです。写真。本物の写真。もう完全に二択です。あれかあれの写真。どっちか。

 

種類は豊富だし、全然隠されてないし、使用方法分かんないやつとか、もう分かんな過ぎて怖くなるやつとか、沢山ありました。きっとバリエーションが日本より豊富なんだろう、私も勉強しよう…。一応年齢確認はあるみたいなんですけど(多分18歳以上)とっても楽しいので、もしオーストラリアに訪れた際は是非行ってみてくださいヽ(´▽`)/


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村