読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際遠距離恋愛!年下オージーとのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!2017年6月末には彼が日本でワーホリ予定。

てきとーで自由な国オーストラリア(真面目に語る編)

みなさん、オーストラリアについて何のイメージがありますか?

f:id:RAcosy:20160619125855j:plain

オペラハウス?

f:id:RAcosy:20160619125950j:plain

キレイなビーチ?

f:id:RAcosy:20160619130043j:plain

カンガルー?

私は留学する前は、暑い、コアラ、カンガルー、英語圏、サンタクロースがサーフィンしてる、、以上!

実際最初はカナダに留学する予定でしたが、ビザの取得時期と希望する渡航時期が合わず、まあオーストラリアも気候良くていい国そうだよね、なんて理由でこの国での留学を決めました(このあたしの適当具合が見事にこの国とマッチング)

今では本当にオーストラリアを選んで良かったと心から思います。ここ大好き。

そんな訳でここに来てまだまだですが、私から見たオーストラリアの良いところ、まじかよって思うところ、紹介します*\(^o^)/*

今回は真面目に語る編。

次回はもっとオーストラリアのクレイジーな部分にスポットを当てて話したいと思いますψ(`∇´)ψ

 

1.全てがてきとー

あえてひらがなで”てきとー” 適当ってちょうどいいって意味らしいので、たまに行き過ぎるこの国には”てきとー”にしときます。

本当にこの国はてきとーです。おつりが多かったり少なかったりも当たり前だし、それを気にする人もあんまりいないし、おおらかでゆったりしてて、”まあまあ、いいじゃん”なんてどこかから聞こえてきそうな感じです。

例えば、バス。SydneyではOpalcardというSuicaみたいな電子カードがないと公共交通機関を利用するときはかなり不便です。ほぼ100%の人がこのカードを持っているし、それを使うことが前提でバスも作られています。なのでそのカードを忘れると運転手に声をかけてその場で現金でチケットを買います。ですがかなりの確率で

”いいよ~忘れたんでしょ~、乗った乗った~”

なんて言われます。絶対チケット売るのめんどくさいだけでしょとも思いますが(笑)、そんなてきとーなところも魅力の一つかなって思います。(でもちゃんと払いましょう。みなさんちゃんと払ってるんだから)

この国のてきとーなところが、心に余裕を持たせてくれて、たまにはいいじゃん、ゆっくりしようよって思えるのかなって。スローライフを作り出しているのはオージーのこの精神なんだろうなって思います。


 

2.We don't care 文化

つまり、”気にしないわ”ってことです。

細かいこと、周りの目、気にしません。自分のしたいこと思ってることに忠実に好きなように生きてる方が多いように思います。そんな文化でうまくいくかって思うんですけど、これがうまく回ってるところがこの国のすごいところだと思います。周りの目は気にしないんですけど、でも周りへの配慮は確かにあるんです。迷惑がかかることや嫌な気持ちになることがないよう、配慮を踏まえてその上で好きに生きてます。だからバナナ片手にバリバリのスーツ着こなしてるハンサムガイがいたり、音楽聴きながら歌歌ってる人もいるし、カップルはどこでもキスするし、なんでもそれ楽しそうだね~ってノリノリになっちゃうし。オーストラリアは多国籍でいろんな国の人が住んでいます。だからこそのこの文化が形成されたんだと思います。違う国の文化を尊重し合って、配慮しながらお互いが住みやすいようにって。いい文化だと思います。

 

3.妊婦さんや子ども連れの人にやさしい社会

こっちでは働くお母さんも本当にたくさんいます。子どもを会社の近くの保育所に預けて、それから会社に向かう人をよく見ます。みなさんベビーカーに子どもを乗せて、バスや電車に乗ります。日本では通勤ラッシュでベビーカーでバスや電車に乗るお母さんをあまり見かけません。もしいたとしてもそんな人に嫌な顔する人も出てくると思います。通勤ラッシュ時以外でも、ベビーカーは邪魔だ、甘えだなんていう人もいるぐらいですから。でもここでは、朝の混雑時にベビーカーでバスに乗るのは普通です。バスにはベビーカー用の席(席を折り畳めて、ベビーカーを止めることができる場所)があって、そういう人が乗ってきたらすぐに移動して席を譲ります。子どもは社会みんなで見守って育てるものという認識、それになにより子育ての大変さへの理解があります。初めてこの光景を見たとき、本当に感動しました。ベビーカーに嫌な顔一つせず、かわいいね、いくつ?なんて話しかけたり、バスを降りるときは手伝ったり。とってもいいな、と思います。

 

まだまだありますけど、長くなったのでここらへんで。

この国で生活していると、人生で一番大切なこと、大切にしたいことってなんだろうって考えさせられます。まだ答えは出てないんですけど、とってもいい機会を得ることができていることに感謝します。

すばらしくてきとーで自由だけど思いやりにあふれたオーストラリア。

素敵な国です。是非一度訪れてくださいヽ(´▽`)/

 

今度、この国から見た日本についても書きたいなと思います(^O^)