国際遠距離恋愛!年下オージーとのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!2017年6月末には彼が日本でワーホリ予定。

6日ぶりのデート

ちょっと休憩。

昨日は約6日ぶりに彼と会いました。

オーストラリアでは6月は多くの大学が期末試験期間です。なのでなかなか会えず、やっと昨日会うことができました。

会えた瞬間嬉しくてHugを何分もして、Kissして、会えて嬉しいよって伝えて。


ここでは誰も何も気にしない(We don't care文化、勝手にそう呼んでる)ので、どこでもそこでもキスしたりハグしたりみんな好きに生きてます。そんな訳であたしも好きにさせてもらって、ちょいちょい道端で彼のお尻を触らせてもらってます。おい。

でもそうやって、嬉しい時はHugして、好きだなって思った時はその場でちゃんと気持ちを伝えて。それって本当に大切なことだなって思います。いい文化だ。好きだこの国。



そんなこんなで、昨日は彼とメキシコ料理屋さんに行きました。楽しかったです。


そうそう、お会計の時必ず彼が全額払おうとするのです。

日本ではまあまあよくあることかもしれません。男が払うでしょって期待してる女子もいるぐらいですから。(まああたしもたまには期待する)


ですが、オーストラリアではそういうことはあんまりないらしいのです。

なぜなら公平だから。奢られたら女の人は自分の立場が下のように感じてしまうらしいのです。(あたしなら奢ってくれるならありがたく奢られるけどな)

まあそんな文化がありつつ、なぜか彼は全額払おうとします。


私:今日こそ私が払うからね!

彼:しーっ いいの 。今日楽しかったから。


...。完全にうるさい子どもをなだめるような言い方をされ、きゅんとする一言を添えて、サラッとカードで払います。

ねえ待って。あんたいくつよ。どこで身につけたのそれ。

そして年下に毎回奢られてる自分。

でもレジ前で揉めるのも彼に恥をかかせてしまうかな、と思い結局お願いしてしまったりもします。


そのあとは大好きなスーパーに行きました。

本当にこの国のスーパー楽しい!なんでもあります。本当に文字どうり何でも。笑

彼が何を思ったのかミント味のお菓子を3つほど買い、寒空の下2人でミントのお菓子を貪りました。(寒空の下でミント味食べると寒いんだね)何してるんだろうって思ったけど、彼がにこにこしながら「美味しい?どう?」と聞くので、厳しくジャッジしました。(食べ物に関してはシビア)


そんなまったりゆったりした2人です。

彼はあんまりおしゃべりではないので、あたしが話さないと基本無言です。

でもその無言も心地よく感じるそんなのんびりカップルです。


さ、次からは彼と付き合うまでに至ったあれこれを書いていきます!

カルチャーショックを超え、異文化理解とは何か真剣に考えるほど驚きの連続でした。

今日は時間あるから沢山更新しよう。

忘れちゃうからね。(完全なる自己満、自分の記憶整理のためのブログ)