読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際遠距離恋愛!年下オージーとのほのぼのブログ

オーストラリアでワーホリ中に出会った年下オージーとの国際恋愛の様子をお届け!2017年6月末には彼が日本でワーホリ予定。

1年前の今日、オーストラリアに着きました

ちょうど一年前の今日、オーストラリアに初上陸しました。あれから一年かあって考えると、時の流れが早すぎて焦ります。。

 

一年前の今日は、イースターで祝日。街はお祭りモードでした。

 

 

 

このころの私の語学力なんて、まじで皆無に等しい。。

今思うと、よくあの英語力で単身オーストラリアに乗り込んだなあと感心するレベル。彼にも、

 

あの時の私の英語はやばかったよね~

(そんなことないよとか言ってくれるかなという期待込み)

 

うん、正直半分は分からなかった('ω')

 

と言われるレベル。

 

 

 

今日はそんな昔話を彼としました。もし出会ってなかったら、きっとこの1年間は180度違うものになっていたし、こんなにオーストラリアを好きにならなかったと思う。というか、リアルなオーストラリアを知らずに終わっていたかもしれない。

彼との楽しい思い出や、彼の友達と過ごした、ローカルなオーストラリアの行事、家族のように扱ってくれて、いろんな家族での食事会や別荘でのホリデーを過ごさせてくれた彼の家族、、。そういうのがあったからこそ今の私がいるし、また戻りたいって思える。オーストラリアで1年”過ごした”っていうか、”住んだ”って感じ。

 

 

今日は、彼のお母さんが、このイースター限定のチョコおいしいから私に送ってあげようってわざわざチョコを買ってくれたそうです。そういうの聞くと、涙出る(;_:)

 

 

最近はもっぱら二人の将来のことばかり電話で話してる私たち。今日は少し方向性が見えてきた感じでした!

 

素敵なメッセージをくれた彼。

 f:id:RAcosy:20170327220834j:image

2人で私の卒業後に一緒にいることは、ちょっと難しいけど、僕たちならできるって信じてる。難しいからこそ、それを乗り越えたときの気持ちはひとしおだよ的な。

 

 

私、結構ネガティブなので、こういう考え方のできる彼は素敵だなあって思います('ω')

 

 

 

そろそろ日本旅行編も書きたいな(;^ω^)

今後のこと

やっと、私たちの今後についてお話ししようと思います。

 

 

実は、私の中で気持ちの変化とかが少しあって、今はっきりこれからどうするって断言できない状態でいました。

 

オーストラリアに行って、一年過ごして。もしオーストラリアに行かなかったら見えてなかった今後の選択肢も沢山できたし、彼と出会ってなかったら、また戻りたい!って強く思うこともなかったかもしれない。

 

行ってよかったって心から思うのは、前よりもっと自由に自分のしたいことを選択できるようになったからだと思う。前の私だったら、周りのみんなのように日本で就職してたかもしれない。それは小学校の先生だったかもしれないし、日本のどっかの企業だったかもしれない。でもどちらにしても、

新卒を捨てるのはもったいない。大学まで出させてもらってふらふらできない。

なんてきっと考えてブレーキをかけたと思う。自分のしたいことを追うなんて考えもなかったし、自信もなかった。でも、今はやりたいことをやるべきだって思うし、そのために頑張れるって自信もある。

親には大学まで出してもらってって気持ちは本当にあって、申し訳ない気持ちもあるけど、それはこれからの私で返していきたいなって思う。

 

 

 

これからどうしようって考えたときに、やっぱり頭に浮かぶのはもう一度オーストラリアに戻って、働いてみたいってこと。ビザは取得できるし、彼の家族も待ってるよって言ってくれてる。元の職場も誘ってくれてる。それにオーストラリアの幼稚園で少し働いてみて、もっとそこで働いてみたいって気持ちも出てきて。それも1つの選択肢かなって思ったりもする。

 

もうひとつは、全然違う国に挑戦もしてみたい。1年間オーストラリアに住んでみて、私の中で驚きの連続だったからこそ、違う国でも働いてみたいなって思う。海外の日本人学校に小学校の先生として働くのもしてみたいなって。でも、英語圏の学校にはたぶん行けない(驚異の倍率)+日本人学校だから圧倒的に英語を話す機会が減るってことを考えると、どうしようって気持ちもあって。

 

 

 

実は昨日、考えすぎていっぱいいっぱいで彼との電話中に泣いてしまって。彼は、私が大学卒業後オーストラリアに来るって思ってたから、違うことも考えてるって言ったときはかなりびっくりしてたけど、

 

大切なのは、君が何をしたいかだと思うよ。どんな未来でも僕たちは一緒にいるから、好きなことをしていいよ。違う国にいるなら会いに行くし、一緒の国なら毎日ハッピーだし。

 

なんて言ってくれて。

 

 

 

 

まあなんてできた彼なの(;_:)

 

 

 

まあでも私の中で今は日本で働きたいって気持ちはないかな。そこだけは私の中ではっきりしていること。

 

この一年は、とにかく英語の勉強。IELTSで7.0までいけるように。あとは、日本語教師の試験に独学で挑戦。日本人学校もいくつか就活してみようと思ってます。

 

まだまだはっきりしてないし、周りのスーツを身にまとった彼らをみると若干焦ったりするけど、この一年で、英語圏で就職しても完全に遜色なく働ける英語力と日本人を活かして日本語を教える能力などの、自分の武器を作っていけたらって思ってます!!

 

 

 

ふう、なんとかまとまった…?(;´・ω・)

 

 

なんかグダグダで結局何が決まってんだって聞かれると何も決まってない状態ではあるけど、こんなかんじでやっていきますこの一年!

彼とお別れして早1か月。思ったより短くて、毎日電話して思ったより楽しくて、どうにかあと3か月乗り切れそうです\(^o^)/

 

 

 

では、最後に私の待ち受け画面にもしてる今の時期にぴったりな彼の写真でお別れです

f:id:RAcosy:20170326213153j:image

韓国旅行後編!北朝鮮国境見学ツアー

韓国旅行後半です( ˆoˆ )/

 

 

韓国での私たちの旅行の1つの目玉、北朝鮮の国境見学ツアーに行ってきました!

 

ご存知の通り、韓国と北朝鮮は現在も停戦状態にあって、国境付近は緊迫した状況にあります。そのため韓国では2年間の兵役もあったりして。

そんな場所に、なんでわざわざ行くの、怖い!っていう気持ちと、ちょっと気になる。。って気持ちで行ってきました!

 

 

英語の国境ツアーに申し込みして、ソウルからバスで出発。韓国の首都から国境は車で40分の道のり。そんな近いところにあるってまず驚き。

 

f:id:RAcosy:20170321183648j:image

韓国と北朝鮮を結ぶ唯一の鉄道を見学。1000w(約100円)で中まで入れました。

f:id:RAcosy:20170321183805j:image

てゆうか寒すぎた

  

f:id:RAcosy:20170321184018j:image

立派な駅と彼兄

 

f:id:RAcosy:20170321184046j:image

ほんとにギリギリまで行きました。

 

 

 

そのあとは北朝鮮が韓国に侵略するために掘った地下トンネルを見学。写真は禁止だったのですが、あまりの長さにびっくり。ガイドさんが言うには、今4本の地下トンネルを発見してるけど、まだ見つけられてないトンネルも沢山あるそう。脱北者からの話では、戦車も中を通れる大きさで、1時間もすれば韓国中に兵隊を送り込むこともできるそう。

ほんとに停戦状態なんだって、改めて実感しました。。

 

 

f:id:RAcosy:20170321184433j:image

韓国側から見た北朝鮮。

お昼の1時には、北朝鮮側が韓国側に社会主義を宣伝する歌が流れるらしく、実際に聞くことができました、まあ何言ってるのかは分からんけど。

それに対して韓国側はその時流行っているK-popを流すそう。おちゃめか。

 

 

 で、ついに国境へ。

f:id:RAcosy:20170321184747j:image

二列で歩く、目配せやジェスチャー無駄な動きはしない。そういう注意事項をアメリカ兵から超早い英語で言われ、涙目で彼に確認しました( ;∀;)

聞きそびれがあったら怖い、というかもうすでに怖い、で1人号泣してました(笑)

 

f:id:RAcosy:20170321185021j:image

f:id:RAcosy:20170321185044j:image

この机のマイクが国境だそうです。お互いが国境を越えることなく、話し合いができるよう机も国境の真上に設置したそう。

 

ピリピリムード全開で、いろいろ思うことがありました。

ほんとに、いつ死ぬか分からないね、なんて彼と話し込んじゃうほど結構衝撃的でした。

一万円程で1日がっつりガイドしてもらえるので興味ある方は是非。

 

 

あれ?国際恋愛色一切ない記事になっちゃった。。

とりあえずこれで韓国旅行編は終了にして、進路や日本旅行編も書けたらいいな( ˆoˆ )/

 

 

最後にちょっとだけ写真〜

 f:id:RAcosy:20170321190041j:image

ツアー中のバスの中

 

f:id:RAcosy:20170321190124j:image

ひまわり〜

 

f:id:RAcosy:20170321190141j:image

LINE Cafe\( ˆoˆ )/

 

 

近況報告と韓国旅行前編

なんだかんだバタバタしている日々を過ごしております。。

もっと更新頻度上げていきたい。。

 

 

 

先日、四月からの新居を契約してきました!

あとは今月末に引っ越しをして、とりあえずの新生活への準備がひと段落するかなあ

 

今月卒業する友達にも沢山会っておしゃべりして。みんな東京や地元に帰って就職の子が多いので、本当にさみしいけど、とりあえずみんな就職決まっててよかった(´;ω;`)

私の今後の予定を話すと、

 

 

 

あいかわらずぶっとんでるね('ω')

 

 

とのお言葉をいただきました(てへ)

でもなんでも受け入れてくれて、おかえり~って泣いて喜んでくれる友達がいる私は本当に幸せ者だなあと思います(^_-)-☆

 

 

今後の私たちについては、次の記事ぐらいで詳しく書こうと思ってます!

少々お待ちを~

 

 

 

 

 

さて、今回は旅行記事、韓国編です!

一週間滞在したソウル旅行記をさらっと振り返ります~

 

 

ベトナムから韓国に飛行機でびゅーん、大体5時間ぐらいかな

首が痛くなるってうるさい私に、いちごの枕を買ってくれました

 f:id:RAcosy:20170316132503j:image

じゃーん

 

で、ついた次の日は明洞でショッピング

コスメ会社に勤務してる彼兄の彼女と私で、爆買いの嵐

ご丁寧に全部のコスメショップに挨拶してきました(^_-)-☆

 f:id:RAcosy:20170316132528j:image

まだこれで半分

 f:id:RAcosy:20170316132552j:image

私はずっと狙ってたポケモンのコスメをゲット!

かわいすぎる、なける

 f:id:RAcosy:20170316132634j:image

見えにくいけど中にもプリン

f:id:RAcosy:20170316132712j:image

パワーパフガールズのマスカラも<3

 

ちなみに韓国の電車やバスで使えるT‐moneyカードもポケモンにしました

 f:id:RAcosy:20170316132733j:image

最近私の中でポケモンブーム再燃、かわいい

 

そんな感じで1日目終了。

 

 

 

次の日はお寺?行ったり

 f:id:RAcosy:20170316132830j:image

彼兄なりの韓国ポーズ

 f:id:RAcosy:20170316132849j:image

ラブラブ<3

 

私たちは雪だるま作ったり

 f:id:RAcosy:20170316132910j:image

ブランコのったり、完全に子ども

 

そして、そして!夜ご飯は、念願の韓国チキン!!!

f:id:RAcosy:20170316133015j:image

実は韓国、チキンがサクサクで有名らしいのです。そんなわたしも、韓国在住のとぎもちさんというYoutuberの方が、韓国のおいしいものを動画でのせているのを見て知ったのですが、その音が本当にやばいの!サクサクで!

www.youtube.com

URL載せとくのでぜひ。

このとぎもちさんのチキン動画を、オーストラリアにいるとき毎日のように見ていたので、彼は若干引いてましたが、念願のチキンで満足でした~

 

 

次の日はなんか知らんけど山登ったり。

 f:id:RAcosy:20170316133041j:image

昔の戦争の時に作った壁らしい

 

 f:id:RAcosy:20170316133113j:image

ソウルタワー行ったり。

 

そうそう、私の母と祖母も韓国に旅行に来たので、2日ほど彼も含めて4人で観光しました\(^o^)/

このときに思ったのは、彼が少しでも日本語話せる人でよかったなあって。めちゃくちゃ話せるわけではないけど、ある程度はいけるから、私の家族ともコミュニケーションがとれるし。今では私の母は完全に彼の味方で、

 

 

こんなわがまま娘って気づかれる前に結婚せんとね~

 

といっております、ひどい。

 

 

そして事件5日目の夜に起こりました。ちょっとしたことで両親と電話で口げんかに(母と祖母はすでに帰国してました)

私はちょっとイライラしながら電話を切ると、彼が

 

今の言い方はよくなかったと思うよ。君のことを心配していってくれてるのに、それはよくないよ。

 

と。

頑固で意地っ張りな私も、まさかの彼に怒られ?諭され?、なぜか号泣して反省。思い返せば、本当に大きなケンカもなく、言い合いなんて一度もなかった私たち。このときは彼にしっかり諭されました。怒るのではなく、だめだよねっていう感じで。

まあ説教なんて完全無視の頑固で素直じゃない私ですが、彼の言うことにはなぜだか素直に聞き入れて、今までの親への素行を反省。ごめんなさいの電話をかけなおしましたとさ。

 

そんな感じで私の親の中では、彼の株が急上昇しております(^_-)-☆

 

 

 

 

ちょっと長くなったので、次回に続きます~

次回は号泣の北朝鮮国境見学ツアー編(韓国旅行後編)!

 

 

 

f:id:RAcosy:20170316133731j:image

会いたいな、オーストラリアって遠い( ;∀;)

空港で涙のお別れ。国際遠距離恋愛になりました!

はい、無事に実家に帰って来て、ひっさしぶりのぐーたらな日々を過ごしてます。

 

 

ベトナムから始まって、韓国、そして日本を九州から東京まで巡る、1ヶ月間の旅が先日終了し、彼はついにオーストラリアに帰って行きました( ;  ; )

 

 

 

虚無感(°_°)

 

とりあえずしばらくは、この1ヶ月間の旅行記や、私の読者さんは気になってくれているであろうこれからの2人のこと、私の大学最後の1年をどうするか(これ結構重大発表な気がする)

をブログにしていきたいと思います。

 

 

とりあえず今日は、空港でのお別れ編です。涙なしでは書けません。。

 

 

 

最後の日は東京にいました。朝から築地に彼と彼兄と3人で行って、朝ごはん食べて。

そのあと一旦ホテルに帰って来て荷物を詰めて。この時点で私号泣。

あと何時間しか一緒にいれない、と考えるだけで秒で泣けました( ;  ; )

 

 

とりあえず東京だし、スカイツリーでも見るかってなり、とりあえず行くも、スカイツリーの前のお店で号泣してしまい、前に進めず。もう寂しすぎて訳わかんなくなってました、、。

 

 

ちなみに、彼少し見た目が怖いのか、私が泣いたり、泣きそうな顔すると、大体の確率でおばちゃんが

 

あんた大丈夫ね?(この男のせいか)

 

と声かけてくれたり、周りのそういう目線を沢山感じました。彼もそれは感じ取ったらしく、

 

 

お願い、泣いていいけど僕に抱きついて泣いて

僕だけ抱きしめると本当に犯罪者みたいだから

君の好きな気持ちもみんなに見せて( ;∀;)

 

 

 

って言ってました(笑)

 

 

 

スカイツリーでも空港に向かう途中の電車でも涙が止まらなかったのですが、彼はそんな私に

 

大丈夫だよ、すぐ会えるし、毎日電話するから

 

って大人な感じでずっと慰めてくれてました。

 

 

 

 

 

そんな彼、

 

空港に着いた瞬間号泣。

 

 

 

急に号泣し出す彼に若干涙が引く私(°_°)

 

ずっと我慢してたんだなあって思うと、愛しい気持ち爆発で、2人で号泣でした。

 

本当に今まで生きて来て1番悲しかったんじゃないかなって思うぐらい、寂しくて悲しくてどうにかなりそうでした。

 

 

 

 

彼の

 

出会ってからずっと人生で1番楽しくて幸せだった

 

 

って言ってくれた言葉が胸に来て、もう

嗚咽とまらない

 

いやもうこの記事書きながら涙出る

 

 

 

 

そんな泣きまくりでお別れした私たちですが、6月末には彼がワーホリで日本に来るので、とりあえず4ヶ月のお別れです(°_°)

 

4ヶ月なんて短いって、遠距離恋愛の先輩方は思うのでしょうが、毎日一緒にいた私たちにとっては本当に長い、、。

 

 

 

でも幸い時差は2時間だし、4月には1時間に減るので、毎日電話する毎日です。

髭剃り中

 f:id:RAcosy:20170227135756j:image

シャワー中

 f:id:RAcosy:20170227135802j:image

ほんとどこにでも連れて行かれる(笑)

 

 

電話すると必ず彼の家族が

Hi, I miss you 〜

 って声かけてくれて、

 

あーオーストラリア戻りたい!って気持ち炸裂。

 

 

 

 

また落ち着いたらぼちぼち記事書いていきます( ˆoˆ )/

 

 

では最後に、原宿でプリクラとか若いことしてみたら、めちゃくちゃ可愛い彼が撮れたので、

それでお終い〜

 

 

f:id:RAcosy:20170227140205p:image

かわいすぎな。天然の栗色髪の毛うらやましいぜ。

 

 

 

 

生存報告!無事に帰国しました!

とってもご無沙汰してました、、。

 

ベトナム行って韓国行って、この前無事に日本に帰宅し、実家でゆっくりする時間もなく今は日本を九州から東京に向かって横断していました( ˆoˆ )/

 

で、今やっと東京。

 

で、明日からお別れ。

 

 

毎日一緒で楽しい反面、楽しい1日が過ぎるごとに過ごせる日々は減っていって、、

 

楽しいのに悲しいっていう、なんか不思議な感じでした。

おかげで超情緒不安定。

 

 

 

とりあえず今日の最後のデート楽しみます!

 

また落ち着いたら沢山旅行記事書きますね( ˆoˆ )/

 

 

とりあえず生存報告として最近の写真載せときます!

 

f:id:RAcosy:20170223124331j:image

 熊本、私の祖父母の家で餅つき体験

 

 

f:id:RAcosy:20170223122339j:image

 

 f:id:RAcosy:20170223122351j:image

高松、栗林公園

 

 

f:id:RAcosy:20170223122405j:image

USJ、ポッターに選ばれた彼

 

 

f:id:RAcosy:20170223122506j:image

奈良、余裕で通り抜ける

 

 

f:id:RAcosy:20170223122539j:image

f:id:RAcosy:20170223122553j:image

京都、着物デート

 

 

f:id:RAcosy:20170223122622j:image

名古屋、公園で遊ぶ彼

 

 

f:id:RAcosy:20170223124006j:image

山梨、富士急ハイランド

 

 

f:id:RAcosy:20170223123843j:image

f:id:RAcosy:20170223123857j:image

東京、彼の友達と合流し刑務所居酒屋 

 

 

そんな感じでいろいろ回ってます\( ˆoˆ )/

 

では、彼のウインクでおしまい!

 f:id:RAcosy:20170223124200p:image

写真いっぱいで振り返るベトナム旅行!

ベトナム旅行編です!

 

先月末にオーストラリアを出て、ベトナム旅行中。なんと、ホーチミンという都市だけに1週間滞在した私たち(笑)

どうやら二泊三日が妥当なようで、確かに少しのんびりした毎日だったかも( ˆoˆ )/

 

 

 

私たちがベトナムに着いたころ、丁度旧正月が始まったとき。

f:id:RAcosy:20170202054656j:image

f:id:RAcosy:20170202054814j:image

旧正月を祝うモニュメントやお花がいっぱい!

ベトナムはスクーターが多くてびっくりするっていうのをよく聞くけど、私はお花の多さにもびっくりした!至る所に色とりどりのお花があって、いいなーって思った!

 

旧正月見れてラッキーだったねって、言ってたのもつかの間。

 

 

 

 

旧正月だからお店全部閉まっとるやん( ;  ; )

 

 

大きなマーケットとか、地元のお店とか全部閉まってました、、。

だから最初の3日間は、市内観光ぐるぐるして、昼過ぎに戻って来て、ホテルのプール入って、お昼寝してまた夜ウロつくっていう。超のんびりスケジュール。

f:id:RAcosy:20170202055236j:image

毎日泳いだホテルのプール

 

 

 

後半はツアーに参加して、Cu chiトンネルに行ったり

f:id:RAcosy:20170202055349j:image

彼兄の彼女の躍動感あふれる、トンネルからの脱出

 

このトンネルはベトナム戦争の時に、昔の人が地下に巡らせて作った小さなトンネル。

アメリカ兵が枯葉剤を使って森林を燃やし、隠れる場所を無くそうとした作戦に対抗して作られたものだそう。

このツアーのポイントとして、トンネルの中に入れますっていうのがあったんだけど、

 

思ってたより狭い!

 

私は閉所恐怖症なところがちょっとあるので、30mの長さのトンネルに入った時、ちょっと息苦しくなりました、、。

 

 

しかもトンネル1.2個ちょっと体験する、ぐらいかなと思ってたら、ガイドさんが

 

はい次〜( ˆoˆ )/

はい次〜( ˆoˆ )/

 

と、どんどん私たちをトンネルに促すので、ツアー客みんな息絶え絶え(笑)

 

 

f:id:RAcosy:20170202060349j:image

おやつのタピオカ。黒糖とナッツを沢山つけて食べると美味。

でもたのしかった!

 

 

 

5日目は別のツアーに

f:id:RAcosy:20170202060424j:image

ボートのったり、

f:id:RAcosy:20170202060528j:image

これはココナッツ

f:id:RAcosy:20170202060547j:image

ココナッツから作る飴。飴っていうよりキャラメルの方が近いかな。美味しすぎて試食しまくって、次の日お腹壊したので注意。

f:id:RAcosy:20170202060511j:image

お寺に行ったり。写真のカップルは彼兄とその彼女。

 

うん、これも楽しかった!

 

 

あとはざっくり振り返ります〜f:id:RAcosy:20170202061103j:image

ふぉー

f:id:RAcosy:20170202061120j:image

ばいんみー

f:id:RAcosy:20170202061146j:image

ぽーくのやつ

f:id:RAcosy:20170202061206j:image

しるなしふぉー

f:id:RAcosy:20170202061221j:image

なまはるまき

 

ベトナム美味しいね!(^ω^)

 

 

f:id:RAcosy:20170202061340j:image

オレオ!めちゃくちゃおいしかった!

f:id:RAcosy:20170202061411j:image

キットカット抹茶。微妙。

f:id:RAcosy:20170202061428j:image

バナナチョコ。これ一回溶けたでしょ。

f:id:RAcosy:20170202061442j:image

チョコチップクッキー。まあまあ。

 

ベトナム美味しいね!(^ω^)

 

 

 

そんな訳で、食べて食べて泳いで寝て食べて、の毎日でした。ベトナム本当に全部おいしかった!正直屋台のお店の衛生面とか心配してて、いや実際心配するべきレベルだったけど、意外とどうでもなかった(^ω^)

あとはこの後も何も起きないことを祈る!

 

 

 

ベトナムの食べ物本当に美味しかったし、いろいろやすいし、みんな優しいし、いい国だなあと思った反面、多分まだまだこれから変わっていくんだろうなーとも思いました。

 

やっぱり都市の方ではぼったくりが多発してるし、いらないって言ってるのに勝手にココナッツのフタ開けて、フタもう開けたからお金払えなんてざらにあったし、屋台のお皿は濁った水で洗ってたし。

 

まあでもそこも踏まえて楽しいベトナム旅行でした!

 

 

 

では最後に、許可が出たので彼のお顔初公開。

f:id:RAcosy:20170202062956j:image

ちなみにこの前髪ハゲ散らかしてるの私ね。

 

 

今から韓国旅行です〜
また更新します!

 

オーストラリアでの10か月間を振り返る

この記事を公開するするのをすっかり忘れてて、ただいまベトナムです( ´∀`)

 

 

 

 

さて、とうとうオーストラリアを出る日となりました。

振り返るなんてできないぐらい濃ゆい10か月でしたが、できる限りで言葉に起こしておこうと思います。ちょっと時間がないので短縮しつつ(´ー`)

 

 

 

 

どうしてオーストラリアに来たのか

これを書くと本当に長くなるので短めに書くと、昔からずっと海外で生活してみたいと思っていて、大学卒業後にこっちに来る予定が、両親が休学して今行っておいでと背中を押してくれたので(本当に感謝してる)、大学3年生を終了後、こっちにワーキングホリデーで渡航。ワーキングホリデーにしたのは、英語の勉強はもちろんだけど、海外で自分でお金を稼いで生活したかったし、よりオーストラリアの地元の生活に入り込みたかったのもあって、学生ではなくワーホリとして生活することを選択。

まあもちろんお金がなかったことも一因。

暑いのが嫌い、夏より冬が好き、な私としては最初はオーストラリアではなくカナダに行こうと思っていたが、なんかビザの取得が難しい感じがしたので、オーストラリアに(てきとー)

都市も、最初はメルボルンにしようと思ってたけど、行きたい学校がシドニーしかなかったのでまあいいか、シドニーでって感じで決定(てきとー)

このてきとーな積み重ねで彼や友達に会えたと思うと、奇跡だって思ったりする。

 

 

 

 

この10か月の生活

これはざっくり行こう。

4月

・ホームステイ

完全なるビジネスとしてホームステイの受け入れをやっている家に2か月滞在。イタリア系オージーのおばちゃんの一人暮らしの家。夕飯を一緒に食べるなんて週に1回ほどだったし、シャワーを浴びるタイミングでケンカしたり(毎回言うことが違う)、なかなかパンチ効いた人だったけど、ご飯美味しかったし、基本優しかったし、良かったと思う。でも、この家に一緒にホームステイしてたメキシコガールズとは本当に仲良くなって、お互いあの家を出てからも頻繁に会うぐらい仲良し。彼女たちに会えたのが本当に大きかった。彼女たちが、語学学校でフランス人とけんかして帰ってきて号泣する私を慰めてくれたのもいい思い出(今ではめっちゃ仲良しなのでご心配なく?)

 

・語学学校

学校は、毎日が楽しくて自分が少しずつ話せるようになってきたのも実感できて、楽しい!!って時期。なにより私が行った語学学校がめちゃくちゃよかった。先生の質が高くて、放課後は一緒にクラブに行って踊ったりするぐらいフレンドリーだし。いい友達と先生で毎日楽しかった。平日は勉強して、金曜日はみんなで飲みに行って、週末はビーチ行ったりBBQしたり。

 

・彼と出会う

彼との出会いはこの記事に書いてるのでご参考までに。

cutiepie.hatenablog.com

 

 

 

5月

・語学学校

試験に合格して一つ上のクラスに進級。大好きな先生じゃなくて最初は落ち込んだけど、新しい先生もとっても優しくて大好きに。生活スタイルは特に4月と変わらず。

 

・家探し

6月から住むシェアハウスの家探し。これが想像以上に過酷だった…。ネットに載ってる写真と実際の家の状況が違いすぎて、インスペクション(下見)は欠かせない。なんとか見つけた、女の子3人男の子3人のシェアハウス(学校まで徒歩15分、1週間のレント$150) もうここに決めて、ゆったりしていた引っ越し3日前。オーナーから

やっぱり男の子だけの家にするからごめんね?(;´・ω・)

と電話が。いや3日後家ないんですけど!!!若干泣きつつ、必死で家探し再開。インスペクションを一日20ぐらい行った日。

 f:id:RAcosy:20170126143939p:image

歩きすぎてやばい。25キロ歩いてる(笑)

必死で探してなんとか男の子3人、女の子2人、週$160のお家を引っ越し前日にゲット。 おうち紹介はこの記事から

cutiepie.hatenablog.com

 

・彼と初めてキスする(付き合っていたのかは微妙)

4月の最初に出会って、週1,2回の頻度で会って、一緒に宿題したりご飯食べに行ったりして。ある日突然キスされたけど、付き合ってるのかは微妙にはぐらかされていた時期。オーストラリアでは、何回かデートを重ねて、その中でキスしたり時にはそれ以上のこともあったりして、そういう期間を踏まえてから、恋人関係になったりならなかったりを決めるらしい。もちろんそんなの知らないから、こっちとしては遊ばれてんのかともやもやしたりもしてた。ちなみに、最近お互いFacebookの交際ステータスを更新して、恋人設定にしたんだけど、そのときに、

ねえ記念日いつかな?

あのキスした日でしょ(何聞いてんの顔)

 

…あの日はぐらかしたくせにいいいいいい!!!!と思いましたとさ。

 

 

 

6月、7月

・語学学校

4ヵ月の語学学校も終了。卒業する日は泣いたぐらい学校と友達と先生に恵まれた。4か月学校に通って思ったのは、ただ学校に通うだけじゃ英語は伸びないってこと。自分で学ぶ努力も大事だし、英語を使う機会を意識して増やすことも大事。

 

・新しい家

新しい家のオージーがパーティー大好きで毎週末だれか家に来てパーティーしてました。でも友達もみんないい人で、しかもなぜか南米の愉快な人ばっかりだった。ちなみにこのオージー経由で知り合って仲良くなったブラジル人とメキシコ人から告白された私。南米に根強い人気を誇る私。

 

・彼の家族に会う

この時期から頻繁に彼の実家にお邪魔してたなあ。このころはもう少し大人しく、おしとやかにちょっと猫かぶってた時期。彼が完璧に見えすぎて落ち込む日々でもあったり(最近はちょっとぬけてる部分も見えてきてうれしい)

 

 

 

8月

・バイトを始める

新店舗のオープニングスタッフとして雇ってもらったから、なかなかお店が開かなかったりしたけど、自分たちで試行錯誤していく楽しさもあったし、やっぱり働くって楽しい。私は主にレジをするポジションだったので、お客さんと沢山話して、英語力に落ち込んだり、逆に談笑して楽しかったり、沢山思い出あるなあ。

 

・彼と初旅行

実際には7月末だけど、彼との初旅行。結局曇りで目的の天体観測はできなかったけど、出発前にしおり作ってみたり、お風呂の電気でギャーギャー騒いだり、ああ。。。初々しい(遠い目)

そんな初旅行記はこちらから

cutiepie.hatenablog.com

cutiepie.hatenablog.com

cutiepie.hatenablog.com

 

 

 

9月、10月

・彼の実家に引っ越し

いや我ながらふてぶてしいわ。そして受け入れてくれた彼の家族に本当に感謝。一緒に住んで、こっちの大学の大変さを知ったり、みんなどんな生活のルーティーンか知ったり。本当リアルなオーストラリアのことが沢山知れた。何より、彼の家族が、私のことを家族の一員として招き入れてくれて、親族のパーティーだったり、ご飯会だったりにも参加できて。本当幸せな生活送ったなあ自分。

 

・バイト

もうがっつり、週5の38時間勤務の毎日。11月からまた学校に通おうとしていたので、節約してバイトしてお金ためる毎日。私のバイト先は、オーストラリアの最低賃金を守ってるところだったので、平日は$18、土曜は$22、日曜は$26となかなかいい時給をもらえました(もちろん税金32.5%引かれたけども)

 

・2人の将来について

このころから少しづつ真剣に将来について話すようになったかな。今と比べると少しぼんやりしてたけども。

 

 

 

11月、12月

・学校に通い始める

英語を母国語としない12歳までの子どもに英語を教える資格を取る勉強をするためにまた学校に通い始めました。いやめちゃくちゃ大変だった。私は学校まで家からバスで一時間(朝は渋滞で1時間半以上かかる)、家に6,7時間しかいないような一か月間でした。土日はバイトもあって全然気が抜けず、イライラすることも多かったけど、彼は沢山支えてくれて、無事に一番いい成績で資格を取ることができました。40分の英語の授業なので(もちろん全部英語)、私の模擬授業に付き合ってくれたり、音声教材を作ってくれたり(本当ネイティブの彼氏って素敵)

このときに、こんないい人いない!って心の底から思った(;_:) 自分も試験前で大変だったのに、それでも私のこと気遣ってくれたりして。すごい、こんないい彼みたことない(ごめんなさい、のろけです)

 

・彼誕生日!

ついに、彼、20歳の誕生日。こっちでは18歳が成人だから、別にどうってことなかったんだけど、私的に10代の子と付き合ってるっていうなんとなくの背徳感があったから、やっと20歳になってめちゃくちゃうれしい私。ちなみにブログで年齢はっきり書くのは初めてかも。

誕生日記事はこちら~

cutiepie.hatenablog.com

 

・クリスマス、ニューイヤー

彼のおかげで、ザ!ローカルな年末と年越しを過ごしました。カルチャーショックの連続。

cutiepie.hatenablog.com

 

 

 

1月

・メルボルン旅行

彼とメルボルンに3泊4日の旅行へ。彼は将来メルボルンに住みたいらしい。おしゃれでかわいくて、いい感じの規模で、人もあんまり多くなくて、いい街だなあって思いました( *´艸`)

 

・ホリデー満喫の日々

オーストラリア生活もあと一か月。バイトも沢山お休みもらって行きたかった場所に行ったり、したかったことしたり。友達にもたくさんあって遊んで。楽しいけどちょっと悲しい毎日。。

 

・将来についてがっつり話し合う日々

2人で沢山話し合って、調べて、決めたことがあります。今年はそれに向かって、全力で頑張るぞ!多分、思ってるより問題は山積みだし、現実は厳しいけど、でも2人で協力してそこに向かって進みたいと思います。とりあえず私の帰国してからの、最後の1年が大きく予定変更。変更だけど、ずっとしたかったこと。でもどっかで諦めてたり、言い訳してたり、周りの目を気にしてたこと。自分の人生、私たちの人生。心配してくれてる人生の先輩たちには感謝しながら、でも芯は曲げずに、人に流されず、できることやっていきます。

 

 

 

 

 

これからの私たちについて

ついに、ついに、このオーストラリアでの生活が終わります。今からベトナムと韓国と彼と彼兄とその彼女で旅行するので、まだお別れではないけど、やっぱり考えたら涙が出ます( ;  ; )

 

昨日は、初めてキスした場所に最後のデートに行きました。あの時とはやっぱり気持ちが少し違ってて、2人で泣いて別れを惜しんだけど、でもお互いきっと大丈夫、って思えるほどの自信と相手への信頼が確かにあって。

きっと乗り越えられる!

 

昨日の彼の言葉は本当に感動した、、帰ったら記事にしたいな〜

 

 

 

とりあえずこのブログは第1章が終了ですが、日本に帰ってからも続けるのでよかったらこれからも読んで頂けたら嬉しいです! 

またここに戻って来れるように、できることを日本で頑張ります!

帰国まであと一週間!

ついに帰国まであと一週間になりました!

 

 

いやあ、めちゃくちゃ早かった。。。

去年の3月末にオーストラリアに来て早10ヵ月。もうそんなに長くここにいたんだって驚きを隠せないぐらい、全然実感がありません。

 

そんな最近は、半年働いたバイト先をやめて、みんなとお別れしたり、ボスには帰ってきたらまた働いてねってうれしい言葉をもらったり、明日はお別れ会を開いてくれたり。同じホームステイ先だったメキシコガールズとお酒飲み行ったり、みんなとお別れの挨拶をする毎日です(;_:)

 

 

着々と日本に帰ってからのことの準備を始めたり。復学届だったり、新しい家を探したり。

 

 

あーーー

 

 

 

 

正直、めっちゃ帰りたくない( ;∀;)

 

 

オーストラリア、めちゃくちゃ好きになってしまいました。もちろん最初のころは英語も分からなくて、つらかったことも沢山あったけど、それでも一度も帰りたいなんて思わなかったのは、この国のおかげなんだろうなって思う。もちろん友達や彼や彼の家族のサポートがあってのことだけど。

 

好きなように生きていいし、自分が大切にしたいものを大切にできる。価値観が違う人が沢山いるからこその包容力がある。いいカルチャーショックが沢山ある。もっとここに住みたいなって思ってます。

 

 

まあ私はまだ大学が一年あるし、絶対帰らないとダメなんですけどね(´-ω-`)

 

4月から私は大学生に戻るけど、6月の末には彼が今度は日本にワーホリに9か月来るので、また一緒の日々が過ごせそうです。

とりあえず4か月の遠距離、頑張るぞ。

 

 

そして、この一年は将来に向けてめちゃくちゃ頑張らないといけない1年になりそうです。実は私の卒業後の2人のことについて、最近は毎日のように話し合ったり、いろいろ調べたりしているんですが、、。また今度ぼちぼち書こうと思います。

 

 

Love finds a way

 

をモットーに、問題は山積みだけど、少しずつ結婚に向けて進んでいきたいなって話してます\(^o^)/

お互いの気持ちは固まっているので、それを実現できるよう、現実的に行動していこうと思ってます。

 

 

 

そんなわけで最近は2人で最後にしたいことをやろうと、

行きたかったライスバーガーやさんに行ったり

 f:id:RAcosy:20170121142532j:image

彼の兄がクリスマスプレゼントでくれた動物園のチケットで動物園行ったり

 f:id:RAcosy:20170121142539j:image

アイス食べたり、

 f:id:RAcosy:20170121142544j:image

プール行ったり、パーティ行ったり、ゆっくりしたり、

のんびりな毎日です( *´艸`)

 

 

 

オーストラリアを出るまでに、振り返りの記事でも書きたいな~

 

彼とメルボルン旅行〜足の長さが完全に釣り合わない私達(後編)〜

今日はメルボルン旅行後編!

 

3日目は朝から有名な、Brighton beachに行って来ました!

ビーチ沿いにカラフルな家がいっぱい!

f:id:RAcosy:20170111122926j:image

波の家〜

f:id:RAcosy:20170111122950j:image

レトロかわいい

f:id:RAcosy:20170111123023j:image

 

そのあとは、メルボルンの図書館に!

f:id:RAcosy:20170111123111j:image

すごい形状

f:id:RAcosy:20170111123145j:image

チェスとかしてみたり

 

 

で、ACMIという映像博物館に行きました〜

ゲームしたり影絵で遊んだり

f:id:RAcosy:20170111123316j:image

入館無料で結構遊べました!おすすめ!

 

 

というかんじで、のんびり街をブラブラする3日目でした

メルボルンはオーストラリアの中でも気温が低いことで有名で、夏でもめちゃくちゃ暑いわけではないと聞いていたのですが、私たちが行ったときはまさかの32度!

普通に暑くて街ブラするのも大変でした。

 

彼があまりにも歩くのが早く、暑さも相まって、思わず手を振りほどき、

ねえ!ちょっとは私の歩幅にも合わせてよ!そんなに足長くないの!

というと

分かった、合わせるよ

と素直に聞くので、一緒にゆっくり歩いてみることに。すると、私の歩幅が小さすぎて、カクカクのロボット歩きみたいになる彼。そして一言、

 

ごめん、これ物理的に無理だよ(´・ω・`)

 

 

物理的か、、じゃあ仕方ないね

うん、、ごめんね

いや、いいんだよ、うん。

 

てゆう、若干テンションが下がる会話をしました(´・ω・`)

 

 

そして3日目の夜は最後の夜だったので、コンビニでビール買って、ホテルで乾杯

f:id:RAcosy:20170111124114j:image

 

 

そして、最終日。

朝からオシャレなカフェでモーニング。

f:id:RAcosy:20170111124228j:image

名前忘れちゃったけど!開店前から行列ができてるぐらいの人気店でした。

 

最近ハマってるFlat whiteを注文

f:id:RAcosy:20170111124400j:image

 

 2人でベーグルをわけわけ

人気メニューのスモークサーモンとクリームチーズ

f:id:RAcosy:20170111124413j:image

名前忘れたけど美味しいやつ

f:id:RAcosy:20170111124342j:image

 

完全に食べすぎた2人は、そのあと夕方まで何も食べれませんでした、、

 

 

そのあとは飛行機まで時間があったので、ペイントが沢山されてる路地裏に。

f:id:RAcosy:20170111124649j:imagef:id:RAcosy:20170111124658j:imagef:id:RAcosy:20170111124708j:image

f:id:RAcosy:20170111124736j:imagef:id:RAcosy:20170111124714j:image

 

 こういう、オシャレなかわいいメルボルンが好き〜いい街だ〜

彼とメルボルン旅行〜終始仲良しでした(前編)〜

ずっと楽しみだった、3泊4日のメルボルン旅行から帰って来ました( ˆoˆ )/

 

楽しいことしかしてない旅行をざっくり写真いっぱいで振り返りたいと思います

 

 

 

飛行機でぶーん

Virgin Australiaの飛行機で行きました、超快適。

f:id:RAcosy:20170108080710j:image

 

 

 

f:id:RAcosy:20170108080707j:image

今回の日程表。彼が決めてくれました!バスの時間とか場所を踏まえて予定を決めるのが好きらしく、私はただ行きたいところをとりあえず口にして、それを全部入れてくれました(最高かよ)

 

 

そして驚くべきは、初日。

Chadstoneってなに?

オーストラリアで一番大きいショッピングモールだよ、買い物したいでしょ?

、、ヽ(;▽;)ノ

 

旅行の日程に自らショッピングの計画を入れてくれる彼氏初めて見た( ;  ; )

旅行まで行ってショッピングとか嫌かなと思い、どこ行きたいか聞かれた時言わなかったのに、さすがかよ。好き。

 

というわけで、Chadstone

f:id:RAcosy:20170108080713j:image

でかすぎ

f:id:RAcosy:20170108080915j:image

何か買ったかって言われたら帽子ぐらいしか買ってないんだけど、楽しかった〜

 

 

で、シティをぶらぶらして

f:id:RAcosy:20170108080825j:image

トラム〜

f:id:RAcosy:20170108080709j:image

馬もいた

f:id:RAcosy:20170108081007j:image

オーストラリアではマックのことMacca'sって言うけど、表記もそうなってて彼と興奮した

 

電車のお知らせの表記が白黒でおしゃれだけど、おしゃれすぎて逆に分かりにくい

f:id:RAcosy:20170108080826j:image

あと、タクシーが黄色!かわいい!

f:id:RAcosy:20170108080711j:image

 

 

メルボルンって、町の中心街でも人があんまり多くなくて、おしゃれなお店も沢山あって、静かで、木も沢山あって、好き。住みやすい街のランキング上位なのが分かります。なんか全部丁度いい感じ。めちゃくちゃ都会なわけでは無いけど、欲しいものは全部揃うしゆっくり過ごせそうな街( ˆoˆ )/

 

 

 

そのあとは彼のゲーム屋さん巡りに付き合って、ホテルでゆっくりして、

 

 

夜ご飯は、彼がずっと行きたかった

8bitのバーガーやさん

f:id:RAcosy:20170108080708j:image

内装がレトロでかわいかった

f:id:RAcosy:20170108081043j:image

いや、ほんとに美味しいこのバーガー。メルボルンにしかなくてよかったね、行きまくってデブになってたねって言いながら食べました

 

そんなわけで初日終了

f:id:RAcosy:20170108080824j:image

お留守番はかわいそうなので、クリスマスプレゼントのくまくんも連れて来ました

f:id:RAcosy:20170108081107j:image

高圧的

 

 

2日目は朝からマーケットに

f:id:RAcosy:20170108081222j:image

朝の6時から開いてます!

f:id:RAcosy:20170108080806j:image

f:id:RAcosy:20170108081319j:image

 野菜やフルーツ、ナッツの食べ物類や、服やお土産など、なんでもありました

f:id:RAcosy:20170108081259j:image

はろー

f:id:RAcosy:20170108081405j:image

ジャム入りドーナツを買い食い

1つ$1.10

f:id:RAcosy:20170108081506j:image

私たちはサンドの材料を買って帰宅。全部フレッシュでめっちゃ美味しかった!瞬殺で食べたので、できあがりの写真はありませぬ。

 

f:id:RAcosy:20170108081606j:image

そのあとは彼が行きたがってたゴーカートに。結構本格的で、最高時速80まで出るそうです。

f:id:RAcosy:20170108082049j:image

私は日本で遊園地にあるゴーカートしかやったことなくて、そんなイメージかなと思ったら、かなりガチでした。私はちんたら走ってたら、一緒にレースしてた親子が常連らしく、少なくとも時速60キロはある早さで横を通り抜けるので、ほんとに泣きながら走りました。

終わってヘルメット外して彼にあった瞬間、号泣ヽ(;▽;)ノ

いやでも楽しかったよ!←

 

そのあとは街をブラブラして、メルボルンに留学してた私の友達に会いに行って、3人で3時間以上話し込んで。

 

 

ホテルに帰ってゆっくりしたあとは、メルボルンのタワーの展望台に。

f:id:RAcosy:20170108195431j:image

すごい人混みだったけど、なんとか夕焼けからの若干の夜景を堪能して二日目は終わりました

 f:id:RAcosy:20170108195445j:image

将来どこに住もうか〜なんて話してみたり

 

 

 

以上がメルボルン旅行記前編です

実は今私の叔母がオーストラリアに来てるので明日から、一泊2日でエアーズロックを見に行ってきます!

彼にはただの岩だよ!!ってめっちゃ止められたけども(^o^)

帰ってきたら後編更新します〜

クレイジーな年越しパーティ!

明けましておめでとうございます ( ˆoˆ )/

 

 

オーストラリアでの年越しは、彼の友人宅でのパーティに行きました〜

プール横のバルコニーでどんちゃん騒ぎ。30人ぐらいいたかな?

もう、呑んで、ゲームして、呑んで、プール入って、呑んで、、

これがオーストラリアの若者の年越しの仕方なのね( ´∀`)って感じでした。。

 

でも酔っ払ってプールは危険!

 

 

 

私もテキーラショット2杯のんで、大好きな柚子のお酒のんで、かなりほろ酔いで楽しかったです〜

左手に塩乗せて、右手にライム持ってテキーラって飲むんですね!初めて知った!

 

 

 

というか彼の友達がみんないい人すぎて、好き。。

いつも彼の友達は男の子ばっかりだったのですが、パーティには女の子の友達も沢山来てて、久しぶりに女子できゃっきゃっして楽しかった〜

どのお店の服がかわいいとか、あの色のネイル欲しいとか、そういう話ってやっぱり女の子同士でしかできないので、女子トークできて良かったです!

 

 

f:id:RAcosy:20170103071303j:image

これはKing's cupっていうゲームをしてる時

ゲームをしながら、真ん中の大きなジャグにお酒をみんなで入れていって、最後キングになった人がそれを全部飲み干すっていう、クレイジーなゲーム

私も参加する!!って言ったけど、めっちゃ酔っ払ってたので彼に止められて大人しく観戦。くそう。。

 

 

 

 

そのあとはみんなでテレビの前に集まって、カウントダウンして花火見て、、

花火めっちゃすごかった! ( ˆoˆ )/

 

いつか生で見たいなあ、、!

 

 

 

その日は友人宅で一泊して、次の朝彼と帰りました。

f:id:RAcosy:20170103072137j:image

すごいお酒

f:id:RAcosy:20170103072142j:image

祭りの残骸

 

 

 

オーストラリアのパーティは何回か行ったことあるけど、若者だけだとこんなにクレイジーになるんだなあとしみじみ思いました(笑)

でも、お酒を強要される雰囲気は一切なかったし、一気のコールとかももちろんないし、そういう点では自分で判断してお酒を楽しむって感じなのかなって思いました。

てゆうかみんなお酒を飲み慣れてるって印象。飲み慣れてるからこそ、これ以上はやばいとかの、ボーダーラインを把握してるって感じ。

 

まあクレイジーテキーラタイムが30分に1回あったり、ビールのことをサイダーって言ってたり、いろいろおかしな部分はあったけども、楽しいパーティでした♪(´ε` )

 

 

 

さ、そんな年越しのあとは、昨日は公園にピクニックに行ってお買い物したり、お家掃除したり、

f:id:RAcosy:20170103072838j:image

どストライクなサンダル!

ネイルの色変えなくちゃ

 

 

 

で、ついに!!!

明日から彼とメルボルンに3泊4日の旅行です!

あ〜この日を楽しみにしてたからワクワクして今日寝れないかも!

 

 

 

ではでは、こんな彼とのことを、ただ書きたいように書くブログですが、今年もよろしくお願いしますm(__)m

ホリデー最高!オーストラリアを満喫する日々

今日で2016年も終わりですね。そんな私たちは

ホリデー最高!!

な毎日を過ごしております( ˆoˆ )/

 

 

クリスマス前まで、私は学校実習バイト、彼は夜中の2時まで毎日バイト。疲弊した2人の合言葉は

クリスマスまで頑張ろう、それからは思いっきり楽しいことしよう( ;  ; )!

 

でした。

クリスマス後は私も彼もバイトを週2に減らして、毎日楽しく遊んでます〜

 

 

まずはクリスマスの次の日。

朝からショッピングモールで、水着とビーサンを購入。人生初ビキニ。

優柔不断の私に嫌な顔せず付き合ってくれました。私の父も兄弟も元カレたちもみんな買い物嫌いだったので、あのお店も見てみようとか、こっちも似合うんじゃない?なんて言ってくれる彼がめちゃくちゃ新鮮で嬉しかったです〜

 

そして、オージーのトレードマーク、ビーサンをついに買いました。オージーみんな履いてるhavaianasのビーサン。

 

2つともめっちゃかわいくてお気に入り。今度また写真載せます

 

 

 

で、その後は家の大掃除。パーティの開催場所が彼の家だったので、部屋中パーティの残骸だらけ。彼のお母さんのお手伝いして家中キレイにしました。

その途中で、彼の両親から彼へのクリスマスプレゼント、STAR WARSのレゴを2人でしました。

 f:id:RAcosy:20161231074329j:image

結構大変だった、、

 f:id:RAcosy:20161231074516j:image

ハロー

 

 

で!その次の日は念願の彼の別荘へ!

車で1時間半。

海沿いのキレイな別荘に着きました。

 f:id:RAcosy:20161231074332j:image

こんな感じ。

別荘では、カヌーに乗ったり、彼と自転車で冒険したり、ビーチ行ったり。

 f:id:RAcosy:20161231074331j:image

ビーチ全然人いなくてめっちゃキレイだった!

 f:id:RAcosy:20161231074412j:image

なんか書いてる彼

 f:id:RAcosy:20161231074424j:image

お城作りました

f:id:RAcosy:20161231074844j:image

海で楽しそうな私たち

お互い泳ぎは得意ではないので、浅瀬+浮き輪で仲良く遊びました。

この写真は彼ママが撮ってくれました!

 

そんな感じで夏を満喫した一日でした。

本当は一泊したかったのですが、彼と私はバイトがあったので、彼の両親とお兄ちゃんとお別れして帰宅。彼らは別荘で年越しするそうです( ;  ; )

 

 

そんな訳で、お家で2人っきりの日々。

毎日夜ご飯一緒に作ったり、

 f:id:RAcosy:20161231074333j:image

オムライス〜

 f:id:RAcosy:20161231074440j:image

頑張ってる彼

 f:id:RAcosy:20161231074444j:image

いろいろツッコミどころ満載な一枚

 

 

 

昨日は朝からサンドイッチ作ってプールに行って。

近くの小さなプールだったから、ファミリーしかいなくて、私たち若干浮いてたけど。

 

 

そんな毎日です。

今が人生で一番幸せだねえなんて2人で話してるぐらい、毎日ずっと一緒で幸せな日々です。

 

 

そんな今日の年越しは、バイトの後彼の友達の家で年越しパーティです。

 

これについては、少し彼とファイトしましたヽ(;▽;)ノ

シドニーでは、オペラハウスの前で年越しの瞬間すごい花火が打ち上がります。いい場所で見るために高額で場所買う人もたくさんあるし、早朝から夜中まで場所取りする人もいるぐらい、シドニーの年越し=花火ってかんじです。

例に漏れず、

 

 

私も年越し花火見たい!( ˆoˆ )/

 

と彼に言うと、

オージーは誰も現地で見る人いないよ、人多すぎて動けないぐらいだからみんなテレビで花火見るよ、テレビでいいでしょ?

 

と。

No〜!!!( ;  ; )

 

しばらく粘りましたが、却下されました。。

まああたしもパーティに行きたかったので、別にいいんですけどね、、。

 

 

 

時間があるときに2016年の振り返りしたいな〜と思ってたらあっという間に今日で終わりだけど、年明けてしてもいいかな?ヽ(;▽;)ノ

 

 

 

 

ではではブログを読んでくださってるみなさん、今年はありがとうございました!

良いお年を〜!

オーストラリア、真夏のクリスマスパーティ!

メリークリスマス!!

 

ついに、オーストラリアでクリスマスを迎えました〜

こんな暑いクリスマス初めて、、アイスめっちゃ食べたわ、、。

 

では、オーストラリアのクリスマス事情と、今日のクリスマスパーティについて書こうと思います(^_−)−☆

 

 

 

オーストラリアは、日本よりもクリスマスに気合が入ってて、当日は大体は家族や親戚で家で集まってご飯を食べたりします。なのでクリぼっちだなんて言葉はありません。家族と過ごすのが大半で、カップルの場合は自分の家のパーティと相手の家のパーティにどっちも顔出すらしいです。そして、もちろんプレゼント交換もあるので、料理の準備にプレゼントの調達、とクリスマス前から結構忙しいです。

 

 

オーストラリアの至る所で、クリスマスツリーが立ってます。

f:id:RAcosy:20161225180555j:image

 

 

 真夏に見るクリスマスツリーほど暑苦しいものはないね。

 

 

 

ちなみにオーストラリアのバスも気合入ってます。

f:id:RAcosy:20161225180901j:image

時たまクリスマスバスなるものが運行してます。完全ランダムだそうですが、このようにバスの中がクリスマス仕様にデコレーションされてます。

f:id:RAcosy:20161225182831j:image

貧しい子どもへの募金活動の一環らしく、バスの入り口に募金箱が置いてあります。

 

 

そして、私の大好きなオーストラリアのクリスマスクラッカー

f:id:RAcosy:20161225183046j:image

両サイドから2人で一斉に引っ張り、真ん中の部分がくっついてきた方が、その中身が貰えます。中身は紙の帽子や鉛筆削り、ミニゲームなど小さなものですが、このアイディアめっちゃいいですよね!クラッカーを引く時にワクワクします。ちなみに私は今日、10個やりました(^_−)−☆

 

 

f:id:RAcosy:20161225183330j:image

チョコレートのアドベントカレンダー

彼と毎朝開けてました。スーパーで5ドルとかで買えたし、種類も日本より豊富でよかったです。

 

 

f:id:RAcosy:20161225183531j:image

イルミネーションされた家。本気で電飾された家を結構よく見ます。また、そういうイルミネーションされた家を、夜ドライブで見て回ることをここではよくやるそうです。実際この写真の家は、歩いて1分なので彼と観に行ったのですが、この家の前には車が5台止まって見に来てました。

f:id:RAcosy:20161225183853j:image

ガチ。

 

 

 

さ、オーストラリアのクリスマスの紹介はこれくらいにして。

 

 

まず、前日の昨日は、夜中にクリスマスプレゼントのラッピング。

オーストラリアでは、お店でラッピングをしてくれるところはあまりなく、自分でするのが普通です。

f:id:RAcosy:20161225184202j:image

ラッピング中の彼

 

f:id:RAcosy:20161225184301j:image

このラッピングがめちゃくちゃ難しかった、、

 

私は、彼、彼の両親、お兄ちゃん、とその彼女、お姉ちゃん、とその彼氏の、いつもの7人にプレゼントを買いました。で、ラッピングが終わったら、クリスマスツリーの下に置きます。

f:id:RAcosy:20161225184446j:image

f:id:RAcosy:20161225184507j:image

 すごい量のプレゼント

 

 

で、今日は朝からみんなで、プレゼントを開けて、ありがとうのキスをして、、

 

 f:id:RAcosy:20161225184606j:image

いろいろ貰いました〜

彼パパからサングラス、ママからパジャマ、彼兄からは動物園のチケット(彼との二枚分)、彼兄の彼女からトラベルバッグやキーホルダー、彼姉と彼氏から香水。

プレゼントを開けながら涙が出てきたのは、この家族の一員になれたことへの嬉しさや、ありがたさやいろいろ溢れ出たからだと思います。どれもめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

 

そして、彼からはチョコレートと本と、テディベアを貰いました!

彼がちょっとクマっぽいので、テディベアがほしいな〜日本に帰っても寂しくないようにって言ってたので、必死でかわいいの探してくれたそうです。

f:id:RAcosy:20161225185103j:image

白のテディベア。どストライク。

f:id:RAcosy:20161225185124j:image

とりあえずベットに寝かせときました。

 

 

 

で、今日は彼の家で彼の父方の親戚とクリスマスパーティでした。彼ママの方は先週したので、当日は彼パパの方。それでも40人が大集合。

朝から準備に大忙し。

f:id:RAcosy:20161225185500j:image

 

BBQでお肉を焼く彼と彼パパ

f:id:RAcosy:20161225185607j:image

お気に入りの一枚

 

 

料理の写真撮るの忘れた、、!( ;  ; )

お皿に移したのしかないけど、めちゃくちゃ豪華でした。

f:id:RAcosy:20161225185634j:image

みんなが料理を持ち寄って、楽しくパーティ。ビール飲んで騒いで、あっという間に6時過ぎになって、解散になりました。

沢山の人と話して、疲れたけどたのしかった〜。

そして英語力の無さに落ち込みました。会話はいけるけど、ネイティブ同士がガーってフルスピードで話すとたまについていけない、、。もっと頑張ろうと思いました。

まあでもビール2瓶飲んで、ホロ酔いでいい気分の一日中でした〜♬

 

 

 

真夏のクリスマス。めちゃくちゃいい思い出になりました\( ˆoˆ )/

リアルなオーストラリアのクリスマスを沢山知れて良かったです。

 

 

明日は彼と水着を買いに行って、明後日はついに彼の別荘に行きます!楽しみ!彼の運転で行くからめっちゃ不安だけども!楽しみ!

オーストラリアの幼稚園ってこんな感じ!

今週1週間、幼稚園に実習に行ってました!

もちろん先生も子どももオージーな、オーストラリアの幼稚園。

子どもたちね、、

 

 

 

めっっっちゃかわいいヽ(;▽;)ノ

 

 

ほんとにかわいすぎてね、毎日幼稚園行くのが楽しみで楽しみで、来週で実習が終わるのがもうすでに寂しいです。。

 

ということでオーストラリアの幼稚園ってこんな感じだよ〜って紹介します!

 

 

 

1.結構狭い

住宅地の中にポツンとある幼稚園も沢山あって、外の遊べるスペースは本当に小さな公園ぐらいしかありません。その小さなスペースで子どもが走り回るから大変!衝突事故多発です(^_^;)

 

 

2. No hat, no play

これはオーストラリアでは鉄の掟です。彼もいつも暑い日に帽子なしで出かける私に言います。外に出るときは必ず帽子をかぶりましょう、でないと遊べませんってことです。

園では必ず、帽子をかぶって、先生が日焼け止めを配って回って、しっかり塗ってから外に出ます。さすが灼熱のオーストラリア。

 

 

3. 男の先生はかなりレア

私が今行ってる幼稚園には男の先生はいないし、彼に聞いたところかなり珍しいそうです。

 

 

4. 労働環境がいい!?

幼稚園で働いてる先生たちを見て思いました。残業がない!みんな定時でさっさと帰る!まあ当たり前のことなんですけどね。多分残業がない理由の1つに、保護者への連絡などの雑務を勤務中にできるというのがあると思います。子どものお昼寝中、あるいは先生が交代しながら、雑務を終わらせるので定時でさっと帰ってます。

それに子どものお昼寝中は、先生たちもがっつり休憩とってて、コーヒー飲んだり動画見たり、好きに1時間ほど過ごしてます。

 

あー、私もオーストラリアの幼稚園で働きたい!!!

 

 

 

そんなオーストラリアの幼稚園ですが、やっぱりなにより子どもたちがかわいい!( ;  ; )

言うことがいちいちかわいい。天使。

私が初めて園に行った日に、自己紹介したら

3歳の青い目金髪の男の子に

I know you

と言われ、どゆこと?初対面でしょ?って聞いたら

I saw you in my dream

、、え、これ、口説かれてる?(黙れ

 

3歳でこんなことサラッと言えちゃうなんて、将来が心配。でもかわいい。

 

 

最初は、なにこのちょっと見た目違う人、、って警戒されたりするかなと思いきや、もう初日から私の膝の上に誰が座るかで取り合いしたり、帰るときはほっぺにキスしてくれたり、意外にもフレンドリーで素直なかわいい子たちでした*(^o^)/*

 

 

2歳から6歳までの子がいますが、5歳6歳の子はもう結構話せるので、一緒におままごとしたり、お医者さんごっこしたりしてます。ちなみに私はいつも重篤の患者役です。

てゆうか、あの2歳児のぽんぽこお腹が愛おしくてたまらない。あれ何が詰まってるの?夢?愛?

 

 

そんなかわいい子どもたちですが、もちろんケンカもよくします。ケンカ中の会話が結構面白くて、じっくり聴き入っちゃったりしてる私(^_^;)

一番面白かったのは、意地悪された子が泣きながらその子に

You can't come my birthday party ( ;  ; )

って。

オーストラリアでは、小さい頃のバースディパーティは幼稚園の子とか近くの子を家に招いて、壮大なパーティをします。彼の5歳の誕生日パーティの写真にも子どもが25人ぐらい写ってる。パーティは子どもたちにとって超大きいイベントなのです。

なので、だいたいこのセリフ言われたらすぐ謝って仲直りしてます(^_^;)

 

 

 

実習もあと4日しかないので、楽しみたいと思います!

では最後に子どもたちからもらった絵でおしまい。

f:id:RAcosy:20161217181456j:image

スノーマン

 

f:id:RAcosy:20161218045501j:image

うーん、、これはごめん、分からん。

 

f:id:RAcosy:20161218045521j:image

先生のこと書いたの〜ってくれたけど、パッと見、バーバパ○

でも嬉しかったです(^_-)